小坂井 悠のプロフィール

初めまして、小坂井 悠(こざかい・ゆう)です。

私は元ホームレスです。

ネットビジネスで月収740万円を稼ぐも、
そこから一文無しに転落した過去があります。

24時間営業の空港やファミレスに住み着き、
他人の残飯を漁りながら食いつないでいました。

そして、怪しいカルト宗教に
ハマって教祖様から性的な洗脳を受けたり、
青木ヶ原樹海で遺体探索のアルバイトをしたり、
3000万円の現金を運搬する“運び屋“をしたり…

かなりアンダーグラウンドな世界で生きてきました。
 
 
しかし、今はネットビジネス業界でも
最高峰と言えるコミュニティに参加し、
アフターコロナの今でも、心から安心感と
一体感のある日々を過ごしています。

お互いを励まし合い、助け合える仲間と出会い、
心から信頼出来る先生(師匠)を持ち、
毎日心からビジネスを楽しんでいます。
 
 
一体なぜ、一文無しのホームレスがネットビジネスに
参入し、人生を180°変えられたのか?

小坂井悠のストーリーをここで暴露します。

両親が自己破産した幼少期

私は宮城県仙台市に生まれました。

姉が2人いる5人家族です。

家族仲は良く、
たまに兄弟喧嘩はあったものの、
一家で仲良く過ごしていました。

私の父は自動車会社の経営者でした。

しかし、私が小学6年生の時、
父が事業で多額の借金を背負っている事が判明しました。

その時にはもう手遅れの状況で、両親は自己破産したのです。

それからは住んでいた町を出て行き、
一家で節約生活を続けました。
 
 
母は元々専業主婦でしたが、
破産がキッカケでスーパーの
パートをするようになりました。

姉も通っていた大学を中退して就職し、
給料の一部を実家へ納めるようになりました。

祖父と祖母は今まで住んでいた一軒家を売り払い、
そのお金を、免責されなかった借金の返済に当てました。
 
 
なお、貧しいと言っても、
「服も買えないほどの極貧」
と言うほどではありません。

が、食費を切り詰めないといけない、
欲しいゲームも買ってもらえないなど、
周りの友達より貧しかったのは確かです。

今思えば、あの頃から、
「お金持ちになりたい」
という欲求が芽生え始めた気がします。
 
 
そして小学校、中学校と卒業し、
高校には奨学金と授業料免除を受けながら通いました。

高卒後は出来れば大学へ行きたかったのですが、
私が給料を稼いで実家に仕送りをしないと
両親の生活が危うい状況でした。

なので、私は高卒で会社員になったのです。

しかし、

地獄のサラリーマン経験

私はそこで、およそ2年間にわたって
最悪の人間関係を味わうハメになりました。

上司はいつも言う事がしょっちゅう変わり、
言われた事をちゃんと守って行動しても、
「勝手な事すんな!」と怒られる始末。

先輩はめちゃくちゃ短気で、私がその会社にいた2年弱、
怒られなかった日の方が少なかったです。

お客さん(常連)の目の前で
説教される事も日常茶飯事でした。

社内では完全に嫌悪されていました。

あからさまに仲間外れにされていました。
 
 
そんな事をしている内に、私は会社で
『使えない人間』として何度も転勤させられます。

最終的には入社から2年弱でリストラされました。

無職、無収入になったのです。
 
 
その後、私は最初、再就職を考えました。

が、私は2年間で従業員の働き方がトラウマになり、
「絶対に就職はしたくない」と思いました。

そんな時、ネットビジネスと出会ったのです。

偶然、私の身近にアフィリエイトで
お小遣いを稼いでいる人がいました。

彼は副業で月数万円を稼いでいたので、
私が本業でアフィリエイトに専念すれば、
きっと生活費くらい稼げるだろう、
という希望を見出したのです。

最初は家族(母と姉)に猛反対されました。

「ネットビジネスなんて今さら稼げない」
「もうやってる人が一杯いる」
「若いころは外に出て働いた方が…」

など散々言われました。

「自分の事を信用してもらえてないんだな」

と感じ、少し寂しい気持ちになりました。

が、どうしてもインターネットの可能性に
賭けたかった私は、何とか家族を説得して
ビジネスを始める許可をもらいました。

アフィリエイト業界に参入

2010年2月、こうして私は
アフィリエイト界に参入しました。

私が入った塾の内容は、サイトアフィリエイト。

小型サイトを10、100、1000、10000と量産していき、
検索エンジンからアクセスを呼んで、商品を売ります。

私は専業アフィリエイターだったので
1日ずっと作業をしていました。

最初は、同期と比べて稼ぐのが遅く、焦りも生まれ、
「素直に再就職した方が良いのだろうか…」
と悩みました。

しかし、その葛藤を振り切って作業を続けたところ、
ついに報酬が爆発するタイミングが訪れたのです。

1ヶ月目:0円
2ヶ月目:0円

3ヶ月目:24,500円

4ヶ月目:50,000円

5ヶ月目:66,000円
6ヶ月目:161,000円
7ヶ月目:220,000円

7ヶ月目にして、ついに会社員だったころの給料を
追い抜けました。

アフィリエイトで稼ぐ事への迷い…

しかし、その時から私には一つの疑問がありました。

その塾でやる事は、検索した人に迷惑をかけるような、
全く中身が無いサイトを量産する手法だったのです。

客観的に見ればあまりにも広告臭くて、
コンテンツも薄いサイトを3000も作り、
検索結果をゴミサイトで埋め尽くす…。

しかも、全く知らない商品を堂々と、

これ使ったら私の悩みが解決しました♪

と言ってアフィリエイトする手法だったので、
なおさら私には良心の呵責がありました。

倫理的に見てどうなんだろう…
こんな方法でずっと稼ぎ続けられるのだろうか…
 
 
そんな時に知ったのが、情報ビジネスです。

情報ビジネスでは、ゴミサイトを量産する必要は無く、
一つの有益なブログだけで稼いでいけます。

この方法なら、もっと世の中に貢献し、
自分も稼いでいけるのではないか?

私はそう感じました。

そして、塾に入ってから1年5ヶ月が経った2011年7月。

私はついに、情報ビジネスに乗り換えました。

が、

泥沼のノウハウコレクターに突入

情報ビジネスはアフィリエイトと異なり、
いつまでも全く軌道に乗りませんでした。

1日8時間パソコンに張り付いても、
夜中の2時まで教材を読み続けても、
月収5万円の壁すら越えられませんでした。

酷い時には月の売上げが2,490円でした。
 
 
だんだん気持ちが焦ってきた私は、

俺に足りないのは知識だ、
ノウハウだ、テクニックだ!

と思い込み、新しい情報商材を次々と買い漁る、
典型的なノウハウコレクターと化していきます。

「この方法なら簡単に50万円稼げます!」
「今流行の○○式アフィリエイトです!」
「1日1時間の作業で大丈夫!」

のような煽り文が満載のレターに
あっさりと釣られました。

が、現実はそんなに甘くありません。

結局どの方法を試してもすぐ挫折しました。

モチベーションが長続きしなかったのです。

中にはたった3日で諦めたノウハウもあります。

クレジットカードは限度額へ到達

そんな事をしている内に、
100万円以上あった貯金は18万円にまで減り、
カードも限度額に到達してしまいました。

当時は、500円のコンビニ弁当も怖くて買えないほど、
お金の不安に支配されていました。
 
 
屈辱的な気分でした。

私はインターネットで一攫千金したら、
今まで苦労をかけてきた両親に
恩返しするつもりでした。

一緒にレストランや旅行へ行ったり、
買いたい物をいつでも買い占められる生活を
送らせてあげたいと思っていました。

が、そんなのは夢のまた夢でした。

自分の食費や生活費すら稼げない有り様でした。

人生最初の師匠との出会い…

そんな時に出会ったのが、人生最初の
メンターであるコピーライターです。

当時「これが最後の望みだ」と思って購入した
コピーライティング教材の販売者さんが、
私の気持ちを深く理解してくれる
メルマガを何度も送ってくれたのです。

話をよくよく聞くと、その方も数年前は
私と同じように全然ネットビジネスで稼げず、
かなりの貧乏生活を送っていたそうです。

そんな共通点があったので、私はだんだん
メンターに心惹かれていきました。

そして、彼の言葉を愚直に実践し始めました。

少しでもブログの反応が変化したら
すぐに長文の成果報告メールを送り、
名前を覚えてもらおうとしました。
 
 
そのわずかな努力のおかげか、
2ヶ月後には直々のご指導を頂けました。

結果、今まで3万円未満だった月収が、
たったの20日間で12万円を突破したのです。

それから面白いように報酬は伸びて行きました。

2012年12月:月収24万円達成
2013年6月:月収46万円達成
2013年8月:月収54万円達成
2013年9月:月収84万円達成
2014年2月:月収85万円達成
2014年5月:月収100万円達成
2014年8月:月収103万円達成

他の月はランダムに報酬が上下してました。

が、全体的には右肩上がりでした。

2014年9月〜2015年3月には情報販売を行い、
信じられない数字かも知れませんが、
最高で月収740万円を達成しました。

あくまで瞬間最大風速ですが、
たった1ヶ月でサラリーマンの
給料2年分を稼いでしまったのです。
 
 
以来、苦労と迷惑をかけ続けてきた両親を
レストランやドライブへ連れていけました。

ずっと苦労を掛け続けてきた両親を
高級ランチ店に連れていけました。

起業家仲間から旅行へのお誘いも頂くようになり、
国内外問わず旅が出来るようになりました。

ドバイ、韓国、那覇、八丈島、気仙沼大島などへ旅行

…と、ここまで言うといかにも、

貧乏だった私がネットビジネスで一発逆転!
ノートパソコン1台で好きな時間に好きな場所で
働いて世界中を旅行出来るようになりました!

という、ありきたりなストーリーです。

もちろん、そんなライフスタイルを
実現したのは事実であり、自分なりに
自由な人生を楽しんでいました。

が、

心の中には未だ消えない不安…

いくら月収100万円を突破したとか、
月収740万円を記録したと言っても、
実際には大々的に商品を販売した月に
大きな金額が売り上がるだけでした。

なので月々の収入にはバラつきがありました。

46万、63万、22万、103万..など、
激しく上下していた記憶があります。
 
 
もちろん、1年を通して見れば、
年収1000万円など十分な収益にはなっていました。

しかし、その収入をずっと維持(キープ)出来る
という自信が持てなかったのです。

どうしても自分の実力に不安があり、

今月は上手く稼げたけど、来月はどうなるだろう..
あと4ヶ月以内にまた大きく稼がないと..
次のプロモーションが滑ったらマズいな..

など、お金の心配が強かったのです。
 
 
また、当時メルマガ読者が3,300名ほどいましたが、
そうして知名度が上がると、徐々に批判や非難、
嫉妬なども増えてきます。

そうしてお金や人間関係のストレスが溜まり、
次第に心を病んでいったのです。

どこかに救いを求めたかった私は、

ふとした拍子からカルト宗教にハマりました。

そのカルト集団は、最初はボランティアや
ネットビジネススクールという活動を行っていたのです。

なので、私もちょっとコミュニティに
入るくらいの気持ちで参加したのですが、
内側では相当、ヤバい事が行われていたのです。

・脱法ドラッグで信者を洗脳する。

・全財産を巻き上げる。

・一文無しになった信者を海外へ飛ばす。
 (世界各国に拠点を作っていたのです)

・信者同士に子供を作らせ、
 0歳児から洗脳する計画を立てる。
 (私も20人以上の女性と夜を共にしました)

・良質な商品に混ぜて、完全な詐欺商品を販売。
 (買ってもコンテンツが一切届かない、など)

・法に抵触する違法なブツを国から国へ運ばせる。

・教祖様の声を刷り込む洗脳CDを信者に聴かせる。

などなど…

私もそこで教祖様にお布施をし、
全財産を失ってしまったのです。

(740万円も半年で溶かしました)
 
 
そうして住む家も無くなった私は、

残飯を漁るホームレスになりました。

最初は僅かに残ったお金で、街の空港へ移動しました。

空港は、成田や羽田、関空なら24時間営業しています。

また、テロ対策が重要なので、
セキュリティが万全に整っているのです。

路上ホームレスだと誰かに絡まれたり、
野犬に襲われるリスクがありますが、
空港なら置き引きにさえ気を付ければ安全です。

空港泊をする利用者も多いので、
寝泊りしても目立ちません。

Wi-Fiやコンセントも完備です。

なので、私は空港に日々寝泊りしながら、
教団の教えを聞き続けました。

飲み水は水飲み場から補給し、
食料は椅子に放置された残飯を
回収しながら確保していました。

また、マクドナルドなどのファストフードに
放置された残飯も勝手に持ち帰っていました。

日本ではファストフードの残飯を自分で
ゴミ箱に捨てますが、海外ではその文化が
無いので、外国人旅行客は食べ残しを
そのままテーブルに放置して帰るのです。

他、フードコートのはなまるうどんの
天かすや生姜などを無断で大量に持ち帰ったり、
スタバの蜂蜜やシュガーシロップを水に混ぜて
カロリーを稼いだりしていました。

当時の食事は炭水化物とかタンパク質とか
栄養の概念が無く、ただただカロリーを
摂取する事しか頭に無かったのです。

寝床は長椅子です。

ただし、空港泊をする利用客が多いので、
午後8時〜9時にもなれば、暗めで静かな
エリアの椅子はほぼ全て埋まってしまいます。

なので、いち早く良いロケーションを
確保しなければいけませんでした。

シャワーは、濡らしたタオルで体を拭いたり、
トイレのウォシュレットで頭を洗ったりしていました。

(終わった後は床がビチャビチャになり、
掃除のおばちゃんにはかなり迷惑を掛けたと思います)

ちなみに、

このおっさん、昨日もいたな

と、毎日顔を見るホームレス仲間も数人いました。

多分、向こうも同じ事を思っていたと思います。

そこまでは何とかなったのですが、問題は寒さです。

空港は季節関係なく冷房がガンガン効いています。

半袖Tシャツと短パンを2枚ずつしか持っていなかった私は、
朝から晩まで寒さに耐えていました。

しかし、流石にだんだんキツくなってきたので、
ちょっとだけ余った小銭で東京へ繰り出しました。

新宿路上ホームレスを開始

向かった先は新宿でした。

街をよく知っていましたし、
残飯が取れそうなマクドナルドも
あると分かっていたためです。

新宿では空港と同じく、

・イオンのフードコートで水をゲット
・マクドナルドやKFCで残飯を貰う
・寝床は24時間営業のマクドナルド

といった感じで暮らしました。

シャワーは、ショッピングモールの
多目的トイレにあるオストメイト用の
シャワーで浴びていました。

(オストメイトとは、人工肛門の事です。
彼らはここのシャワーで体を洗います)

ウォシュレットと違い、温水が出るので快適です。

ちなみに、当時は無かったのですが、最近では

これでシャワーを浴びないで下さい

という注意書きがどこにも貼ってあります。

私のせいかも知れません…

それはさておき、

新宿は空港と違って寒くなく、快適でした。

マクドナルド出禁事件

しかし、2週間が経った頃、困った事が起こります。

マクドナルドに何日も居座っている事がバレ、
出禁を食らってしまったのです。

もちろん、他にもファストフードはありますが、
結局同じく摘み出されるだろうと思いました。

なので、途中からはホームレスが集まる
公園に行き、ベンチで寝るようにしました。

ここは正直、空港生活より過酷でした。

寝ていると顔に虫が寄ってきますし、
朝起きたら3匹のゴキブリに囲まれていた事もあります。

また、しばらくすると季節が真冬になり、
防寒具を持っていなかった私にとって、
地獄のような寒さになりました。

しかも、空港へ戻る電車賃はもうありません。

ある日は外が寒過ぎて、野犬が寄ってきました。

最初は襲い掛かってくると思い警戒しましたが、
向こうも寒過ぎて人肌を求めてきたのか、
近寄って大人しくしていました。

その夜は、野犬と抱き合って寝ました。

お前も寒いのか…?

と、生まれて初めて動物と心が通じ合った気がしました。

そんな生活をしつつも、
昼間は五つ星ホテルのロビーや、
ショッピングモールの椅子を陣取り、
パソコンで教祖様の教えを聴いていました。

ホームレスのまま信者活動を続けたのです。

怪しい日雇い労働をスタート

そんな生活を6ヶ月近くも続け、
ほとんど資金0円のまま命を繋いでいたのです。

しかしある日、公園のホームレス仲間から、
日雇い労働の情報を貰います。

・免許証だけでOK
・前日までに申し込めば、面接無しで100%働ける
・給料は日払いで8000円

という条件の仕事です。

日給8,000円なら、5日間働けば4万円も稼げます。

当時の私なら、それで1ヶ月は生きていけました。

そのため、早速バイトを始めたのです。
 
 
仕事内容は、倉庫での検品作業が主でした。

以来、ホームレスにとっては十分な給料を
頂けるようになり、ファストフードの
残飯を漁る生活から抜け出せました。

スーパーのミネラルウォーターを飲んだり、
おにぎりやサンドイッチを買えるようになったのです。

それでも、1日の食費は水込みで350円以内に抑えていました。

なので、韓国企業の出す、1箱100円で買える
カロリーメイトのパチモンをよく薬局で買っていました。

今でもたまに気まぐれで食べるのですが、
当時の記憶が蘇って複雑な気持ちになります。
 
 
また、寝床は再び24時間営業の
お店を使い始めました。

お金があれば、居座るお店の幅が広がります。

なので、こまめにお店を変えて、週1くらいで通えば、
出禁にはならないだろうと踏んだのです。

・ジョイフル 赤坂店
・サイゼリヤ 渋谷東急ハンズ前店
・マクドナルド 南新宿店
・マクドナルド 田端駅前店
・バスタ新宿
・ガスト 秋葉原昭和通り店
・ガスト 新小岩店

などは、何度も通った思い出深い場所です。

(当時、ドリンクバーだけでファミレスに9時間も
居座っていた罪悪感があり、今行くとステーキや
サラダ、赤ワイン、デザートのパフェなど、
高めの料理を何品も注文してしまいます)

その間、私はMacBook Pro 1台を持ちながら、
カルト宗教の教えをネットで聞いていました。

が、バイトで食費や交通費を手にした私は、
リアル(オフライン)でもカルト活動に関わり始めたのです。

そうして、どんどんのめり込んでいき…

合法ドラッグで洗脳されました

これはカルト宗教が工場と契約し、
製作していた特殊なドリンクです。

サプリメントと銘打って、
信者へ大量に飲ませていました。

私も何年か服用してきましたが、

・気分がハイになる
・心臓の鼓動が速くなる
・夜中でも眠くなくなる
・自己肯定感が高くなる

など、物凄く精神が高揚します。

いわば、バーサーカーのような状態です。

憂鬱な気分が吹っ飛び、モチベーションが
自然と湧き出て、「俺は無敵」という
謎の自信が生まれてくるのです。

それってヤバいやつなんじゃないですか?
明らかに変なドラッグ入ってますよね?

と言うと、東京の工場と契約して製造した
サプリメントなので、合法だとは思います。

もし、中に大麻やLSD、MDMAなどが
入っていたら、工場が作ってくれません。

一応、以前教えてもらったレシピだと、
カフェイン、タウリン、ココア粉末、ビロード豆、
イチョウの葉などを配合しているようです。

しかも、満量処方と言うのですが、

法律上ここまでの量なら入れて良い

というギリギリの成分を入れているそうです。

(本当に教えて貰ったレシピ通りの
ブツなのかは分かりませんが..)

それでも、最初はいろんな工場から、

ちょっとここまでの物は作れません..
こんな成分、一体どこで知ったんですか!?

と言われて断られたそうです。

しかし、数々の工場に問い合わせ、
やっと1つ製造してくれる会社が見つかった、
という話を聞いた事があります。

私もそのサプリを大量にプレゼントされました。

教祖様の洗脳CD

後に、上層部の人からMP3音声が送られてきました。

再生すると、YouTubeにあるヒーリングBGMのように、
リラックス出来る音楽が流れてきます。

これだけだと、ただのBGMなのですが、

実はそれを0.1倍速くらいで再生すると、
教祖様の教えが吹き込まれているのです。

あなたには使命があります…
あなたの未来は明るいです…
絶えず成長し続けなさい…

などなど。

が、当時は教えが吹き込まれたCDとは知らず、
普通のヒーリングBGMだと思っていたので、
仕事で疲れた時などによく聴いていました。

そのデータを消した覚えはありませんが、
探してみたらどこにも無かったので、
もう消してしまったのだと思います。

体に消えない刻印を彫りました

次に私は、右腕、左肩、そして背中に、
大きなタトゥーを刻みました。

その宗教を信じる団員の1人として、
メンバーは全員、同じ箇所に同じ刺青を
彫らなければならなかったのです。

(お金が30万円は掛かるので、足りない場合は
教団の資金を使うという徹底ぶりでした)

これは男女共に強制であり、断ると除名されます。

なので、私は彫る事を選択しました。

どの教団かバレかねないので、
写真をアップは出来ませんが、
直接お会いする方にはお見せ出来ます。

女性信者20人と肉体関係を持ちました

さらに私は、同じカルトを信じる女性と
新しい命を作る行為もしました。

そのカルト宗教は20〜30代の
メンバーが一番多かったのですが、
彼らは離脱もしやすいのです。

大人はカルトへ入るまでに、「普通の社会」を経験します。

なので、周りから説得されたりして、
ふとした拍子で正気に戻ってしまうケースが多いのです。

私自身も、そうして真っ当な社会に戻って来られました。

しかし、それは教祖様として不都合なのです。

そこで、彼は信者同士で子供を作らせました。

0歳児から洗脳を掛けていくという手段に出たのです。

そうすれば、彼ら(彼女ら)は永遠の信者となります。

私はそのプロジェクトに協力する形で、
女性信者と肉体関係を持って行きました。

「子供を作った場合は結婚するのですか?」
と言うと、教祖様のスタンスとしては、
「恋愛感情が芽生えればしても良い」
という感じでした。

恋人になるかどうか、結婚するかどうか、
はその後の問題だったのです。

教祖様としては、
将来の信者となる子供さえ出来れば良い
というスタンスでした。

具体的にどんな感じだったかと言うと、
そのプロジェクトでは、まずランダムで
教祖様が組み合わせを決めます。

そこで信者同士が子作りをします。

さらに、男女の組み合わせは
排卵期の度に変わります。

そして、私は20人近い女性と関係を持ったのです。

私は、今はもう教団を抜けましたし、
連絡手段も全て消してしまいました。

が、世界のどこかに私の子供が
2〜3人いる可能性は高いです。

しかし、出来れば全て外れていて欲しい、
と今では願っています。

外国人旅行客と天国の相部屋

そんな無茶な活動に加担しながら、
私は日雇い労働で毎月15万円ほどの
収入を得ていました。

家にも住み始めましたが、
正社員でも個人事業主でもない私に
アパートの審査は通りません。

なので、ドミトリーやカプセルホテルなど、
1泊1,000円〜1,500円の格安ホステルを利用していました。


(ドミトリーとは、他の宿泊客との相部屋です)

トイレ、シャワーなども共有で不便でしたが、
ロビーでコーヒーや紅茶をタダで飲めたりして、
ホームレス上がりの私には天国な環境でした。

エアコンがあり、ベッドで眠れるだけで、
幸せを感じていました。

また、Tシャツと短パンが2枚ずつだけという生活も卒業し、
ユニクロやしまむらで1,000円〜1,500円のシャツを買ったり、
3,000円のジーパンを買ったりしました。

人として当たり前の生活が、ようやく可能になったのです。

そうしながら教祖様の特製ドリンクを飲み、
洗脳CDを聴き、女性信者と次々関係を持っていきました。

カルト教団の瓦解…

しかし、5年ほどでそのカルト集団は崩壊を迎えます。
 
 
教祖様は信者を洗脳する手法として、

恐怖で人を洗脳する

というテクニックを使っていました。

これはプロパガンダと呼ばれるのですが、
人を洗脳する方法は、恐怖か欲望の
どちらかに分かれます。

恐怖で人を洗脳するというのは、

このままだと、あなたの会社が潰れますよ!
その時に国はあなたを守ってくれませんよ!
その前にネットで稼いでおかないと!

といった説得をする事です。

一方、欲望で人を洗脳するというのは、

ネットビジネスなら年収1億円にもなれます!
ファーストクラスで世界中を旅行出来ます!
タワーマンションの最上階に住めますよ!

といったメリットを提示する説得法です。
 
 
基本的に欲望より恐怖の方が、
人を動かすパワーは2倍強いと言われています。

(2倍という数字の根拠は不明ですが)

なぜなら、人は恐怖を感じるとIQが下がるからです。

普段は真面目で、誠実で、人当たりの良い人物でも、
お金の恐怖を感じると、途端にピリピリしたり、
消費者金融から借金をしたり、ギャンブルに走ったり、
変な行動をし始めます。

IQ130ある人物でも、恐怖を煽られると
IQ30に下がったりするのです。

すると、変な怪しい教えを信じ込んだり、
高額な商品を買わされてしまったりします。

だから、私のいたカルト宗教でも、

このグループを抜けるとヤバい事が起きるよ

という恐怖が使われていました。

そうして、ファンや信者を教団に縛り付けていたのです。

洗脳は教祖様が自爆する

では、それがなぜ瓦解したのか?

実は、恐怖で人を洗脳する事には、
ある致命的なデメリットがあります。

脳科学で「ミラーニューロン」と言われるのですが、
人は必ず周囲の人たちの影響を受けてしまうのです。

どんなに自我が強く、
「俺は俺の道を生きる!」と威張っている人でも、
必ず周囲の人からは影響を受けてしまう、
という脳の性質があります。

つまり、恐怖で信者を洗脳し、IQを下げると、
その影響で教祖様のIQまで下がってくるのです。

そのせいで、組織もどんどんおかしな
方向に向かってしまいます。
 
 
そのカルト集団は、最初は慈善事業だったり、
ネットビジネススクールを運営していました。

私の目から見れば、正気に戻った今でも、
初期の活動は社会貢献になっていたと感じます。

私自身もスクールでネットビジネスの
様々な奥義を教えて頂いたのですが、
未だにずっと実践し続けている事も多いです。

凄く価値が高いし、人生も変わりました。

けれども、信者への恐怖洗脳によって、
教祖様の路線はだんだんおかしくなりました。

少しずつ反社会勢力になっていってしまったのです。

(余談ですが、オウム真理教も
最初はヨガを教える普通の教室でした。
後からどんどん道が逸れていったのです)

数万人いたお客様も数百人に減り、内側にいた信者も、
最後は10人程度に減ってしまいました。

そして、組織は崩壊したのです。

そこで、私もようやく正気を取り戻せたのです。

洗脳が解けて日常へと戻る

最初は仙台の実家に帰り、
母の美味しい手作り料理を食べたり、
両親と一緒に日帰り旅行へ出掛けたりしました。

少しずつ、まともな社会人の感性を取り戻し始めたのです。
 
 
しかし、問題は自分の今後です。

正直、日雇い労働を続けるだけでは、
将来が不安定過ぎますし、両親も心配してしまいます。

が、会社員(サラリーマン)として働く事に
軽いトラウマを持っていた私は、
再就職もしたくありませんでした。
 
 
そこで思い出したのが、ネットビジネスです。

以前の私は心が弱く、月収740万円を稼いでから
カルト宗教へ入信してしまいました。

が、なんだかんだ当時は楽しかったのです。

ブログやメルマガで情報発信をする事も、
コンサルティングやセミナーで人に
ビジネスを教える事も、日々楽しんで
前向きに取り組んでいました。

なので、もう一度ネットビジネスを始め、
今度こそ上手くやっていきたい。

そう思うようになりました。
 
 
が、ネットビジネスは5年離れていたので、
昔稼いでいた方法はもう通用しないだろう、
と思いました。

そこで、最初は情報収集から始めたのです。

2015年当時知っていた起業家のメルマガに
いくつも登録し、最近のネットビジネスが
どんなものかを調べていきました。

Next Dimension Infinityとの出会い…

そんな時、Next Dimension Infinityという、
新しい講座の告知がメルマガで届きました。

主催者は

新田 祐士さん
小田 真嘉さん

のお二方です。
 
 
新田さんは京大を中退してからネットビジネスへ参入、
初年度で約2億円を売り上げ、アフィリエイト業界全体に
撃針を与えた人物です。

(私も当時リアルタイムでその様子を見ていましたが、
新田さんの影響力は凄まじいものがありました)

以来、10年近く業界トップを走り続けています。
 
 
小田 真嘉さんは、私も最近知り合ったのですが、
古神道をベースにした経営コンサルタントです。
 
 
参加者さんにもビジネス経験者が多く、
“億越え“をすでに達成されている方もいます。

メンバーは全国で3000人を超えており、
業界トップクラスの規模と言えます。

また、Next Dimensionメンバーは
大阪府枚方市の樟葉(くずは)に集まっており、
合計100人以上が日本全国から
引っ越してきているようです。

そんな非常に影響力あるコミュニティなのですが、
肝心のテーマは、

古神道と西洋錬金術を、ビジネスと融合させる

という不思議な講座でした。
 
 
まず毎月の食費や水道代から稼がないといけない
私にとって、適切な講座か分からなかったのですが、
新田さん、小田さんの実績はトップクラスです。

なので、参加して間違いは無いと踏みました。

超高額コンサルティング(220万円)

そんなNext Dimension Infinityには、

66万円の実践コース
220万円の伝授コース

の2つがありました。

高額な伝授コースには、

・伝授専用セミナー
・新田さん、小田さんへの相談権

の2つが主に付いています。

どちらを選ぶかは、相当迷いました。

本気で成功したいなら、
選ぶべきは間違い無く伝授コース。

すでに圧倒的な結果を出している
新田さん、小田さんに直接相談出来るなら、
成功はほぼ100%と言っても過言ではありません。

しかし、値段が220万円なのです。

正直、最初にこの値段を見た時は、
反射的に「うっ…」となってしまいました。

払おうと思えば払えますが、当時の私にとって、
大き過ぎる金額だったのです。

伝授の方が絶対に良い…

でもリスクがデカ過ぎる…

本当に元が取れるのか…?

など、様々な葛藤が生まれました。

しかも、Next Dimension Infinityは
実践コースでも相当内容が充実しているので、
伝授でなくても、恐らく成功出来ます。

しかし、より人生を加速させたいなら、
伝授を選ぶべきだったのです。

震える指で決済ボタンを押す…

それで延々と迷っていたのですが、
何度考え直しても、私の心は、

伝授コースに飛び込め…

と訴え掛けてきたのです。

なぜそう思うのかは分かりません。

しかし、どんなリスクを背負ってでも、
伝授コースに参加するべきだ、という
魂の声が聞こえてきたのです。
 
 
そして最終的に、かなりの恐怖を感じながらも、
私は220万円の伝授コースを選びました。

(それでも一括払いする勇気が出ず、
6回払いを選択しました)

古神道を通じ、人としての生き方を学ぶ

そこから私の今まで持っていた
信念や価値観は大きく崩壊しました。

最初は手っ取り早く年収600万円くらい
稼げるようになりたいと思っていたのですが、
Next Dimension Infinityはそんなレベルの
講座ではなかったのです。

ビジネスの儲け方は当然なのですが、
日本人としての正しい生き方まで、
伝授コースでは学べました。
 
 
いくら莫大な金額を稼げるにしても、
悪徳カルト宗教のように、人を洗脳し、
全財産を巻き上げるようなビジネスでは、
本人も不幸になっていきます。

私のいた教団が瓦解したように、
そんなビジネスはいつか崩壊します。

しかし、Next Dimension Infinityでは、
古神道を通じて、

人としての正しい生き方(ビジネス)

を学ぶ事が出来るのです。
 
 
実は、Next Dimensionでは、
「古神道が真実かどうかはどちらでも良い」
というスタンスを取ります。

神道も宗教なので、神様や仏様、魂、
輪廻転生といった概念が出てきます。

それらに対し、

「神様なんているわけないだろう」
「輪廻転生なんて科学的に証明されていない」

という反論が出てくると思います。

が、Next Dimension Infinityとしては、

神様や仏様、魂といったものが
実在するかどうかはどっちでも良い

のです。

ただ、

“ある“という前提で行動すれば、
結果的に人として正しい生き方が出来る。
そして、ビジネスもどんどん軌道に乗る

という教えなのです。

神様が見ているとか、
私たちには生まれ持って使命があると考えれば、
人として曲がった行いはしません。

そうして、多くの人に好かれ、
尊敬されるようなビジネスをしていこう。

それがNext Dimensionという講座なのです。
 
 
そうは言っても、カルト教団にハマり、
他人に対して疑心暗鬼になっていた私…

どんなに古神道の教えを聞いても、最初は、

「綺麗事じゃないの?」
「この人たちも結局金儲けなんじゃ..」
「小田さんや新田さんをどこまで信じて良いんだろう..」

という猜疑心が、どこかに残っていました。

しかし、そんな私の心をも溶かすような出来事が、
この講座に入ってから次々と起こったのです。

溶かされていったトラウマと猜疑心…


2020年5月。

私はNext Dimension講師の方々が住む、
大阪の樟葉という小さな町へ遊びに行きました。

直前にZoomで伝授メンバー限定の
オンラインセミナーが開催されたのですが、
「ぜひ樟葉へ遊びに来て下さい!」
と言われたので、早速行ってみたのです。

そこでは、初対面なのに、
たくさんの人が私を迎え入れてくれました。

そして、講師やサポーターの方々が、
私のためにわざわざ時間を割いて、
最近のビジネスの傾向とか、正しい生き方とか、
たくさんの事を教えて下さったのです。

(Next Dimension Infinityが始まったばかりで、
皆さん尋常じゃなくお忙しいはずなのに、です)

また、私が伝授コース参加直後に送ったメールの内容も、
しっかりと覚えていて頂けました。

その後、「茶肆ゆにわ」というお茶屋さんでは、
菅井さんという方とお会いしたのですが、
初対面なのにNext Dimensionの事を
1〜2時間も教えて頂けました。

(そこで飲んだ摩利支というお茶は、
今まで飲んだ日本茶の中で一番美味しかったです)

新参者だからと言って、変に冷たくしたり、
無愛想になるような人は1人もいませんでした。

新参者でも温かく迎え入れられる町、樟葉

しかも、「茶肆ゆにわ」でお茶を飲んでいると、
途中で新田さんも偶然いらっしゃったのです。

その時は「ご挨拶を..」と思ったのですが、
一緒に来た方々とすぐPCでライブ配信を始められたので、
今行っては駄目だなと思い、
私は自分の席で読書をしていました。

すると、途中で新田さんの方から
私にご挨拶へ来て下さったのです。

(恐らく菅井さんから、私が来ている事を
聞いたのだと思います)

そこでも、新田さんは私の
身の上話を聞いてくれましたし、
今の相談にも乗ってくれました。
 
 
そのようにして、樟葉という町には、
変な(言ってしまえば異常な)経歴を持つ私と
向き合ってくれる方がたくさんいたのです。

彼らは同じメンバーの成功や幸せを、
本気で心から願っている

そう感じさせてくれました。
 
 
こんな方々は、ネットビジネスだと皆無です。

ほとんどのネット起業家は、
自分の成功や金儲け、名声ばかり考えています。

あなたを稼がせます!

という言葉も、ウケが良いから使うだけで、
実際は自分の儲けしか考えていないのです。

そのため、生徒の名前や顔、プロフィール、
今の悩みなどには全然興味がありません。

(私も2015年までネットビジネスをしていた時は
そんな感じでした。なので人様の事は言えませんが、
だからこそ、この業界は拝金主義者が
ほとんどだという事も分かります)

無慈悲・冷酷非情なビジネス業界

もちろん、よくメールを送ったり、
目立つ結果(実績)を出したりすれば、
講師から気に入られて覚えてもらえる、
といった事はあります。

が、そこまで行ける人は一握り。

300人の参加者がいても、10〜20人程度の話です。

しかし、Next Dimension Infinityは、
まだ何の結果も出していない人に対してすら、
真剣に向き合ってくれるコミュニティです。

私も様々なビジネススクールに11年間、
参加してきたのですが、ここまで温かく
接してくれるコミュニティは初めてです。

いわば、Next Dimension Infinityは、

「稼ぐ方法を教えてもらう講座」

というより、

ご縁を繋ぐコミュニティ

という感じなのです。

稼ぎ方を教えて終わりではなく、
稼げるようになった後も、一生の
仲間になるという前提で活動していく。

講師の方々も、そう想っているのだろう、
という事をいつも実感します。

初の伝授リアルセミナー開催!

そして、さらなる転機が訪れます。

2020年6月29日(月)、伝授コース初の
リアルセミナーが開催されました。

それまではコロナウイルスの影響が強く、
Zoomでしかセミナーを開けなかったのですが、
6月に入って少し下火になってきたので、
リアルセミナーが決行されたのです。

そこでの内容は、私が迂闊にバラすと危険なので、
具体的には話せないのですが…

ここでお伝えしたいのは、セミナーの後です。

伝授セミナー後は、
直会(なおらい)という名の懇親会が、
「お食事ゆにわ」というお店で開かれます。

そこでは、 小田さんを中心としたグループと、
新田さんを中心としたグループに分かれます。

私は小田さんのグループにいたのですが、
そこで私の才能についてアドバイスを頂けました。

小坂井さんはエネルギーをギュッと
凝縮する事が得意なんだろうね

全てのエネルギーを一点集中させて、
とことんやり切るっていう才能を感じたよ

と。

確かに、そういう感じはあります。

あまり手広くやるのは苦手で、自分の持つ全てを、
1つのコミュニティ、1人のメンター、
1つのビジネスに注ぎ込む事が得意です。

その才能が、5年間はカルト宗教に
向いてしまったのですが(笑)

方向性さえ間違えなければ、
一点集中で結果を出すタイプなのだと思います。

人生の方向性が遂に見え始める

そして、樟葉の方々と触れ合う度に、
このNext Dimension Infinityにも、
今私が持っているエネルギーやパワーを
全て注ぎ込みたいと思えるようになりました。

猜疑心を持ちながら、中途半端な姿勢で学ぶのでなく、
少なくともこの講座が終わるまでの半年間は、
100%フォーカスで挑戦したいと思ったのです。

そこまで思えたのも、伝授セミナーがキッカケです。
 
 
私はカルト信者時代、右腕と左肩、
背中に刺青(タトゥー)を刻みました。

今までは、その体に負い目があり、
「稼いだら高須クリニックで消そう」
と思っていました。

しかし、Next Dimensionの講師やサポーターの方々は、
私がこんなおかしい過去を持っていても、
嫌な顔せず、警戒もせず、受け入れてくれたのです。
 
 
樟葉の方々は、メンバー1人1人と、
本当真剣に向き合っています。

私は5月頭に1回、樟葉に行っただけで、
次に行ったのは6月末の伝授セミナーの時でした。

つまり、1ヶ月半ぶりの訪問なのですが、
樟葉の方々は皆、私の顔と名前を
ちゃんと覚えていてくれたのです。

正直、こんなコミュニティは初めてです。

先ほども言ったように、
普通のビジネスコミュニティで
顔や名前を覚えてもらえる人なんて、
ほんの一部だけです。

95%くらいのメンバーは、
講師にとって記憶に無ければ興味も無い。

そんな感じでした。

しかし樟葉の方々は、何十人もいる
メンバー1人1人の性格やプロフィールまで、
覚えてくれています。

私はNext Dimension全体の中で言えば、
稼いだ金額や実績なんてまだまだです。

私の100倍以上、稼いでいる人もたくさんいます。

それでも、『小坂井悠』という1人の
人間と向き合ってくれました。

元カルト信者とか、刺青があるとか、
そういうので引く人は1人もいません。

本当に、『仲間』と繋がった気がしました。

そんな時、

私の中にふっと降りてきたキーワードがあります。

本当に、直会でお酒を飲んでいる時、
一瞬だけパッと頭に浮かんだのです。

それは、

『安心』

です。

私の今までの人生は、
ずっと安心出来る場所、安定した場所、
安全な場所を求めてきたように思います。

昔カルト宗教にハマったのも、
教祖様という絶対的な人を信じていれば、
自分の心が安定するからです。

お金を稼ぐのも安心するため。

Next Dimension Infinity 伝授コースに
勇気を振り絞って220万円を支払ったのも、
信頼出来る仲間を持って安心したいから。

安心・安定・安全

これらのキーワードが、
私の深くにあると感じたのです。
 
 
裏返せば、私は自分の人生や今の世界に、
不安を感じているのだと思います。

と言うと、何だかビクビクしている臆病者みたいです。

しかしきっと、安心を求めている人は、
私1人だけではないのだと思います。
 
 
今はコロナウイルスで社会情勢が
大きく変わりました。

俺もいつか感染するかも..

いつコロナが落ち着くんだろう..

今の仕事は大丈夫だろうか..

など、皆が不安を抱えています。

今後、日本の不安オーラは、
もっともっと増すでしょう。
 
 
だからこそ、今の私がやるべき使命は、

この不安定な時代の中に、安定を見出す事

なのかも知れません。

皆が不安に苛まれているからこそ、
安心した暮らしを確立する方法や、
そんな場を提供するべきだと思ったのです。
 
 
この安心を得る方法が、昭和なら“現状維持“でした。

つまり、良い大学を卒業し、良い会社に就職し、
終身雇用で雇ってもらう事が、安定した人生を
送るベストな道だったのです。

が、令和はそうではありません。

今後、どの会社が潰れるか分かりません。

いつリストラされるかも分かりません。

そんな中で真の“安心“を得るには、
大切な『仲間と場所』が必要だと、
伝授セミナーを通して分かったのです。

だからこそ、私と同じように、
将来への不安を抱える人たちに、
“安心“を与えるビジネスをしたい、
と思ったのです。
 
 
その点、私の信じていた教祖様は、
他人を信じていませんでした。

小田さんにカルトの内情を話したのですが、

その教祖様は、人を洗脳する技術は
 ズバ抜けて高いけど、他人を信じていない。

 それは人を信じていない人間のやり方。

 技術はもの凄いけど、人生は不幸だと思う

と仰っていました。

信者たちを洗脳する事で、
一応カルトという組織は作り上げましたが、
信頼関係では結ばれていなかったのです。

だから、最後には私含めた信者が離散し、
組織も崩壊してしまったのだと思います。

信頼と絆が欠かせない時代…

が、世の中がどんどん不安定になってくる
これからの時代、本当に安定した人生を
生きるには、“人“が欠かせないのです。

とは言え、私自身も現状まだまだです。

私は、割と特殊な経験を積んできた事もあり、
知識量、情報量がそこそこ多い自負はあります。

が、抱えている不安は多いですし、
私の今作っているコミュニティが、
安心出来る場所かと言えば、
全然そんな事はありません。

なので、これからどんどん、
皆が安心出来る空間を作りたいのです。

オンラインのコミュニティもそうだし、
リアルの場もいずれ提供したいです。

大きく言えば、日本を安心出来る国にしたい。

そう思いました。

そして、安らぎの空気に包まれた場を、
関わる人々へ提供していきたいと思ったのです。

最後に…

私は最初、カルト宗教にハマった昔の時期を、
「黒歴史」として捨てるつもりでいました。

もう忘れてしまおうと思っていたのです。

しかし、Next Dimension Infinityでは、
「そうしない方が良い」と教えられました。

というのも、人の人生には全て意味があります。

過去から現在、未来に至るまで、
私たちの人生で起こる出来事に、
何1つ無駄などありません。

と言うと、ただのポジティブ思考と
思われるかも知れません。

しかし、無理に楽観的に考えよう、
という話ではないのです。

人は人生で悩み苦しんだり、挫折したり、
壁にぶち当たったり、不幸な目に遭った分だけ、
同じような境遇にいる人たちの気持ちを
理解してあげられます。

そして、彼らを救ってあげられるのです。

小田さんも、

あなたが周りから受け取ったものが、
今度周りに与えるもの

と仰っていました。

逆に、人生全てが順風満帆で、
何の山も谷も無い平和な人生を送ったら、
今現在、悩んだり苦しんでいる人たちを
理解してあげられないのです。

それでは、誰の事も救ってあげられません。

当然、世の中にも貢献出来ないのです。
 
 
そこで私は、

じゃあ、安心感をずっと求めてきた私は、
今後どんなビジネスをするべきなんだろう?

と考えました。

それを新田さん、小田さんにご相談させて頂いたところ、
明快な答えを教えて頂きました。

私はそれまで、
「安心感あるライフスタイルを目指す」
という理念を掲げてきましたが、
大事なのは「何の安心感なのか」です。

・お金の心配が無い
・人に嫌われるという恐怖が無い
・人生の方向性が定まっている
・病気の恐れが無い健康体である

など、安心感と言ってもいろいろあります。
 
 
そんな中、新田さんから
私の目指す“安心感“を教えて頂きました。

それは、

暗闇の中で迷い、悩み、
方向性が分からなくなっている人たちに、
その出口(光)を与える

というものです。

暗闇で苦しみ続ける人々…

私自身は5年間カルト宗教にハマりましたし、
ネットビジネスを1人でやっていた頃も、

「こんなビジネスがずっと続くのだろうか..」
「いつまで稼ぎ続けられるんだろうか..」
「今回は稼げたけど、次回はどうだろう..」

など、不安が強かったです。

自分が何をすれば、どんな方向に進めば、
人生が安定していくのか分かりませんでした。

そうして迷走しているうちに、
カルト教団にハマったのですが、
そこも最後の1年間くらいは方向性が
どんどんおかしくなっていきました。

洗脳で思考回路が麻痺していた私でさえも、

「この活動ってヤバくない..?」
「こんなのでずっと続いていくんだろうか..」
「こんな事業に何の意味があるんだろう..」

という迷いが生じ始めていたのです。

辛い事や苦しい事もたくさんあったし、
逃げ出したいと思う瞬間もあったけど、
「じゃあ辞める」というのも簡単じゃない。

そうして抜け出せず、
必死に耐えていた時期がありました。
 
 
でも、最終的に教団が崩壊する形で、
私は一般社会に戻ってこられました。

そこからわずか2ヶ月後には、
Next Dimension Infinityに出会い、
人の温かみを思い出していったのです。

光を与えるという使命

「カルト宗教にハマった」

というのは一般的な経験ではなく、
共感されづらいかも知れません。

でも、

「いろんなしがらみの中で
もがき苦しんでいるけど、
なかなか抜け出す事も出来ない」

という人は、大勢いると思ったのです。
 
 
サラリーマンの方であれば、

ブラック企業に勤めていて、
 上司や先輩からの重圧が凄い。

 毎日何時間もサービス残業させられて、
 月末にはちょっとだけ給料を受け取る。

 もう辞めたいし、逃げ出したい気持ちで
 一杯だけど、その踏ん切りが付かなくて
 ズルズルと働き続けている…

といった方は多いと思います。
 
 
また、数年前には将来に悩む
学生のご相談にも乗りました。

ネットを見ればブラック企業の話ばかりで、
 このまま学校を卒業し、社会で働く事に、
 何の希望も見出せない。

 あと2年で卒業するけど、
 その後に就職するのが本当に怖い。

 出来るならネットビジネスで稼いで、
 1人で自由に生きられるようになりたい

 
 
他にも、家計や夫婦問題、子育てなど、
苦しい現状をどうにも出来ない主婦の方から、
ご相談を頂いた事もあります。
 
 
そんな方々に私から出来る事は、
カルト宗教を抜け出したという自身の経験を活かし、
彼らがしがらみから抜け出すサポートをする事だと、
新田さん、小田さんから教えて頂けました。

むしろ、そのために、ネットビジネスや
カルト宗教で苦しんだ時期があったのだと。

人生の全てが線で繋がった気がしました。
 
 
そうして最終的に決まったコンセプトが、

Return from the labyrinth.
〜迷宮からの帰還〜

です。
 
 
目先の仕事や勉強をしているうちに、
人生の方向性が分からなくなり、世の中のいろんな
しがらみに囚われ、迷宮入りしてしまう。

でも、ふとしたキッカケから、その迷宮を抜け出し、
久しぶりに温かい太陽の光を浴びる。

そうして、

「ああ、本当に戻ってこられたんだ..」
「ようやく、あの苦しみから抜け出せたんだ..」
「この世界ってこんなに温かかったんだ..」

という温もりを感じられる。
 
 
私自身が、Next Dimension Infinityに
出会って、そんな感覚を得られました。

そしてこれからは、以前の私と同じように、
人生の迷宮入りをしてしまっている方々へ、
希望の光(出口)を与えていく。

それが私の新たな理念になったのです。

人生の迷宮を抜け出し、陽の光を浴びる

Next Dimension Infinityでは、
メンバーそれぞれで理念を打ち立てる
という事をやっています。

1日の仕事を始める前とか、合間合間とかに、

「俺(私)はこの理念のためにビジネスをするぞ!」

という志を打ち立てるのです。

それが今回、

「Return from the labyrinth.
〜迷宮からの帰還〜」

というキャッチコピーを作って頂きました。
 
 
「私は、迷宮の中で迷っている人たちに、光を与える!」

「そのためにブログを隠し、メルマガを書くし、
 YouTubeにも動画を投稿する!」

「集客媒体は、そんな迷宮の中で彷徨っている人たちに、
 出口(ひかり)を与えるためのものなんだ!」

 
 
そんな志が出来ました。

こういう経緯があり、私は今、
後発の方々へネットビジネスを教える
オンライン講座を開催しています。

私がカルト教団で学んだ裏技術をベースに、
1から教育ビジネス(情報ビジネス)で稼ぐ
道のりを示していきます。

お金だけが全てではないと言えど、
安定収入があれば大きな安心感は生まれます。

そして、今の会社を辞めるとか、DV夫から離れるとか、
いろんな「しがらみ」から逃げやすくなります。

それに私自身、ネットビジネスをしていると、
こういった文章を通じて自分の想いや理念を発信出来るため、
本当に「ありのまま」で生きている感じがするのです。

なので、
「まずはお金から稼いでいきましょう!」
という事で、無料メール講座を立ち上げました。

そして、自分に関わるフォロワーの方々へ、
安心感を提供する事を目指しています。

興味があれば、ぜひあなたも読んでみて下さい。

小坂井悠公式メルマガ

講座を通して、あなたとは積極的に、
コミュニケーションを取っていきたいです。

私がNext Dimension Infinityで、
人との繋がりを実感して“安心“を得られました。

私もまた、これから関わるフォロワーの方々へ、
安心感をご提供していきたいのです。

なので、お互いどんどん関わっていきましょう。
 
 
また、無料メール講座の他、
有料で本格的にビジネスを学べる
講座も開催しています。

無理に売り込むつもりはありませんが、
興味があれば、ぜひ気軽に学んで下さい。

(メール講座に登録すると、有料講座一覧を見られます)
 
 
もっとも、「買わない人は用無し」なんて気は無く、
有料講座には参加していない方々とも、
メールやSNS (TwitterやFacebook) を通じて、
どんどんコミュニケーションを取れれば、と思います。

そのため、メール講座を読んだら、
ぜひご感想・ご質問・ご要望などを頂けると嬉しいです。

遠慮無く、どんどん小坂井悠という人間と
関わりに来て下さい。
 
 
それでは、最後までお読み頂き、
ありがとうございました!