田舎町のお茶屋さんで聞いた、未来永劫AIに奪われない唯一の仕事

Next Dimension Infinity

小坂井です。

つい昨日、私が感銘を受けた話をシェアします。

テーマは、

AIに決して奪われないビジネス

です。

今後、人工知能の発達で、
今ある仕事の大半はAIに奪われる
と言われています。

が、その中で数少ない、
AIには決して真似出来ない仕事の話です。
 
 
ただ、急に結論から言っても
ピンと来づらいと思うので、
順を追って話していきますね。

まず2021年、私の媒体で扱う話題を、
新テーマに移そうと考えています。

2020年は「稼ぐ」がテーマでした。

10月にはコピーライティング道場という
ライティング企画を発足し、
数十名の方が受講してくれました。

参加者さんのブログなど見ていると、
目に見えてライティングスキルが伸びており、
コピーライターとして活動出来るような方も、
これから続々出てくると思います。
 
 
この「ネットビジネスで稼ぐ」というのは、
私の媒体のメインテーマ。

今後もずっと「稼ぐ」を軸にはすると思います。

でも、ただ単に「稼ぐノウハウ」を教えるだけでなく、
今年はもっと広いテーマで発信していくつもりです。
 
 
と言うのも、単純な「ネットで稼ぐ方法」なら、
もう無数に転がっています。

少しGoogle検索すれば、ブログやメルマガで
月収30万円、50万円、100万円とかを
稼ぐ方法はどんどん出てきます。

でも、実際には稼げない人が大半です。

「途中で手が止まってしまう..」
「頭が混乱して動けなくなる..」
「家に帰ると即寝落ちしてしまう..」

などの壁に、皆ぶち当たってしまいます。

単純にノウハウさえ教われば、
誰でもその通り稼げるわけではありません。
 
 
また、仮に莫大な金額を稼げても、
それで金に狂ったり、家庭が崩壊したり、
人生の目標を失ったり、廃人になったり、
不幸になる人が多いです。

そのため、単純に稼ぎ方を教えて稼がせれば
万事OKでもありません。

なので、 ネットビジネスを教えていく時、
ノウハウ以外の面も総合的に伝えていく
必要があると思っています。
 
 
何より、私自身がその
「ノウハウ以上に大切なもの」
を、去年どっぷり学ばせて頂きました。

その学び元が、Next Dimension Infinityという、
私が去年出会ったビジネス・コミュニティです。

そこでは単なるビジネスノウハウだけでなく、
人としての生き方や在り方なども、
総合的に学ばせて頂いています。

私の媒体では、そこで得た学びを、
自分の言葉に直してあなたへ発信しています。
 
 
いわば、『伝承』というイメージです。

伝承とは、

受け継いで、伝えていく事

という意味を持ちます。

つまり、私自身が誰かから教わり、
与えて頂いたものを、今度は後続の
方々にお伝えしていくのです。
 
 
ちなみに、ごく最近また新しい学びを得て、
「これは絶対ブログでシェアしたい!」
と思ったテーマがあります。

2021年以降、情報発信ビジネスで、
多くのファンを集めるためには、
欠かせないと感じたポイントです。
 
 
私が今お世話になっている「ゆにわ」という
コミュニティがあります。

(Next Dimension Infinityは、
ゆにわの中で開催されたビジネス講座
という位置付けです)

そこには、鑑定士と呼ばれる方々がいらっしゃいます。

現時点では、羽賀ヒカルさん、相原康人さん、
花えりさんの御三方。

「北極流占い」と呼ばれるものを通じて、
人々の運命診断をしていく人たちです。
 
 
私も、相原さんの鑑定を去年8月に受けました。

そこから、「ゆにわ」の方々が集まる
楠葉という町へ引っ越そうという
決意が固まったという経緯があります。
 
 
ただ、鑑定に対する一般的な印象としては、

「鑑定って怪しい」
「それで本当に人の運勢なんか分かるの?」
「科学的な根拠あるの?」

というところだと思います。

確かに、一般的に鑑定と言うと、
ただ運勢を占うだけのものです。

その内容も、コールドリーディングと言い、
大体どれにも当てはまるような事を言って、
自分の占いを当てにいく手法が多いです。

例えば、

「2020年は変革の時です」

と占い師が言っておきます。

すると、2020年はコロナウイルスが流行りましたが、
「ほら、変革が起こった!」と言えるのです。
 
 
でも、世の中が大きく変わるような事件なんて
毎年何かしら起こっています。

なので、それを取り上げて
「ほら、変革!」と言えば、
大体どんな未来予測も当たります。

(ちなみに、野菜高騰、異常気象、何かの絶滅の危機、
とかは毎年言われている気がします笑)
 
 
それに対し、ゆにわの鑑定は、
1つ決定的に違うところがあります。

それは、その人の願望、向かいたい場所、
理想像などを踏まえた上での、
カウンセリングに近い形式である事です。
 
 
例えば、未来Aに行きたい人へ、

「あなたは性格的に不向きなのでBをやりましょう」

と言うだけでは冷たいですし、
大多数の人は納得出来ません。

そうではなく、

どうすれば、その人が未来Aに行けるか?

を、鑑定を踏まえながら伝えていくんです。

単に占って終わるのではなく、
お客さんの希望を考えた上で、
「あなたはこうしていきましょう」
というのが、ゆにわ流の鑑定です。
 
 
もちろん、中には相当ズレた道を
行こうとしている方もいます。

特に仕事となると、情報発信に向いていない、
ライターに向いていない、接客に向いていないなど、
才能や適性の壁も出てきます。

そういう人たちに対しては、
未来Aを否定せざるを得ない時もあるのです。

私の周りにもたまに、
「鑑定を受けたらボコられました…(´;ω;`)」
 という方がいます笑

でも、ただ否定して終わりではありません。

そんな時は、その人が未来A以上に幸せになれるような、
未来Cへ導いたりするのです。

なので、ボコると言っても単純に鼻っ柱を折って
終わりではなく、その人が本当に幸せになれるような、
より良い未来へ導くために、相手の希望や願望を
否定しないといけない時もあるという事なんです。
 
 
なので、

鑑定=占って終わり

ではなく、その人の人生を、
そのお客さん以上に真剣に考えていくわけです。
 
 
この姿勢って、情報発信でも必要だと思っています。

私もネットビジネスで稼ぐ発信をしており、
ちょくちょく他の「ネット起業家」の
リサーチをしています。

バリバリ稼いでいる人たちの発言などを
チェックしているんです。

そうしていると、

みんな冷たい

と、感じてしまいます。
 
 
例えば、コピーライティング道場なら、
文章の書き方に関する質問・相談以外は
相手にしないという感じです。

教材の相談しか受け付けない

というスタイルが主流なんです。

サポートやコンサルティングでも、
メールの文字に書かれた事以外は
読み取ろうとしない
という姿勢の方が多いです。

また、講師の方も、
何か大きな結果を出した生徒くらいしか、
顔や名前を覚えていない人ばかりです。

つまり、ネットビジネスを教えるなら、
あくまでお客さんのビジネスしか見ない。

人の人生や背景などは全く見ないわけなんです。

これはビジネス市場に限った話ではなく、
ダイエット、健康、美容、恋愛、結婚とか、
他のあらゆる情報発信に共通する傾向だと思います。
 
 
とは言え、こういうリサーチをしていて、

そういや普通のネットビジネスって
こんな感じだよな、ゆにわが特殊なんだよな

とも思いました。

私はネット起業家の人たちを冷たく感じました。

が、そういうビジネスライクな付き合い方が、
仕事の世界では“普通“なんです。
 
 
私自身、ゆにわと出会う前までは、
「ビジネスさえ教えてりゃ良い」
「夫婦関係とか感情とかなんて、仕事と無関係」
くらいに思っていました。

お客さんのビジネスが今どう進んでいるか、
どんな結果が出ているかは見ますが、
それ以外は興味ゼロだったんです。

稼ぎたくて来ているんだから、稼がせたら良い

と当然のように思っていました。

むしろ、そういう考えの方が、
今の世の中では“普通“なんです。

なので、私も多くのネット起業家たちの
気持ちはよく分かります。

(正確に言えば、その気持ちを思い出しました)
 
 
ただ、そういう「ノウハウ」なんてものは、
将来AIが必ず教えられるようになります。

現時点でも、稼ぐノウハウなんて
ネットには無数に転がっています。

昨年ダイちゃんと始めたコピーライティング道場では、
「文章で物を売るスキル」を伝授しているわけですが、
そんな“売れるコピー“もAIが発達してきたら、
ある程度勝手に書いてくれると思います。
 
 
でも、例えば新田さんに代表されるような、
人を感動させ、感化させ、惚れられるコピーは、
AIには絶対に書けません。

人間 vs AI

で、大きく差が付く部分はどこかと言えば、
その『感化』にあるんです。
 
 
ここでようやく本題なんですが笑、
昨日「茶肆ゆにわ」でマーニーさんという
大学生の店員さんから聞いた話があります。

この世界では、2039年までに
シンギュラリティと言って、
『AIが人間を超える日』が来ると言われています。

あと18〜19年で、人間が出来る事のほとんどは、
機械で出来るようになるんです。
 
 
人の感情もそうです。

長らく、AIに感情を覚えさせる事は
不可能と言われてきました。

が、私の調べる限り、10年もしない内に覚えそうです。
 
 
今、人間の感情のシステムはかなり解析されてきています。

「こういう状況で悲しみは発生する」

「その悲しみはAに行くとエスカレートし、
Bに行くと解消される」

といった心の仕組みが、科学的に分かってきているんです。

後は、そのフローチャートをAIに仕込めば、
多分人間と同じような心を持ち始めるんじゃないかと。
 
 
ただ、仮にAIが感情をマスターしても、
唯一、彼らに出来ない事があります。

それは、

AIは他のAIに惚れられない

という事です。
 
 
つまり、他の誰かに憧れたり、尊敬したり、
「この人みたいになりたい!」と感化されたり、
そういう惚れる事がAIには無いんです。

他の、頭が良いとか、体力があるとか、
美味しいご飯を作れるとか、物作りが得意とか、
そんな活動はAIに全て取って代わられます。
 
 
今一般社会でもてはやされている
能力、実績、才能とかも、2039年までに
AIの方が上回ってしまうんです。

ネット起業家がどんなに100億円を売り上げても、
ボディビルダーが150kgのバーベルを持ち上げても、
語学を勉強して7ヶ国語を喋れるようになっても、
AIにはあっという間に越されてしまいます。

が、そういった収入、筋肉、資格などが、
今は社会的に評価されています。

つまり、

現代社会で価値のあるステータス=AIに超される

という構図です。
 
 
でも、「誰かに惚れる」という事が、
AIたちには真似出来ません。

「誰かに惚れられる」というのは、
それだけ熱く、格好良く、魂が震えるような
生き方(あり方)を見せているという事です。

でも、現代社会って能力や実績、お金などが
評価されていて、その人の熱い生き方や志などは
ほとんど評価されていません。

現代社会で価値の無いステータス=AIに超されない

という事なんです。
 
 
AIにすぐ真似される事ほど、
現代社会では持てはやされていて、
AIに真似出来ず、実装出来ない事ほど、
現代社会では価値を持たれていない。
 
 
それが現状です。

でもこれからの時代、私たち人間に求められるのは、
どれだけ熱い生き方をするか、どんな志を立てて、
自分のビジネスに全精力を注ぎ込むか、
という事にあると思います。
 
 
そして、私はまだお会いした事は無いのですが、
「ゆにわ」には北極老人という名前で活動する
先生がいます。

彼は昔、塾の講師をしていました。

東大や京大を目指す人たちを指導し、
合格まで導いていたのです。

そんな北極老人の特徴は、
スペックで人を見ない
という事でした。

今の成績がどうとか、真面目かどうか、
家庭が裕福かどうか、容姿が良いか悪いか、
そこで人を差別しなかったのです。
 
 
ほとんどの塾では、生徒の
今の成績でクラス分けを行います。

そうしないと、講師側もかなり教えづらいのです。

私も、より多くの人たちにネットビジネスを
伝えるようになったら、今の知識とか実績で
クラス分けしないと、やっぱり教えづらいな、
と思います。
 
 
でも、北極老人はそれをしませんでした。

どんな塾生でも対等かつ平等に扱い、
彼らのどんな相談にも乗ってきたのです。

それこそ、受験生の悩みは受験だけではなく、
親と上手くいっていないとか、好きな子がいるとか、
顔にニキビが出来てきたとか、思春期ならではの
いろんなものが出てきます。

それら1つ1つを真剣に聞いてきました。
 
 
ほとんどの塾講師は、

私はネットビジネスを教えているのだから、
稼ぐノウハウさえ教えりゃ良い

という発想と同じように、

私は塾の先生なんだから勉強だけ教えれば良い

という発想になってしまいます。

それが当たり前で、自然だと思います。
 
 
でも、北極老人はそうしなかった。

1人1人の塾生の“人生“全てと向き合ってきた。
 
 
その姿に感化された方々が、彼の弟子となり、
今でも「ゆにわ」を守っています。

ゆにわには様々な方がいらっしゃいますが、
その多くは北極老人だったり、彼のお弟子さんたちの姿に
惚れ、憧れ、感化され、「あの人みたいになりたい!」
という一心で、仲間入りしているのです。

Next Dimension Infinityの講師である小田さん、新田さん、
サポーターの方々もみんなそうです。
 
 
私は北極老人とはお会いしていませんが、
その姿の一端を、彼らのお弟子さんたちを
通して見ました。

でも、それはまだまだ氷山の一角です。

もっと深く大きいものが「ゆにわ」にある。

それを自分も学びたいと思い、
私は彼らの集まる楠葉へ引っ越しました。

そうした日々の学び、気付き、発見を、
「ネットビジネス」というテーマを通して、
あなたへ伝えられたらと思います。
 
 
そんなわけで、今後もビジネス市場で
情報発信を続けていくとは思いますが、
「それだけ」しか書かないブログには
したくないと思っています。

今考えているのは、
2020年は「稼ぐ」が主軸だったので、
今月一杯はその総まとめにする事です。

つまり、1月中は情報発信の肝やポイントを、
ババっとおさらいしようと思います。

その後、2021年に発信していきたい、
新テーマへ話を移すつもりです。

(不評だったら1〜2回やって、
もう新テーマに移ります笑)
 
 
私がNext Dimension Infinity、
そして「ゆにわ」を通して得た学びを、
どんどん伝承していきたいと思っているので、
次回以降も楽しみにお待ち下さい。

では、ありがとうございました!

新興カルト宗教の作り方

あなただけのカルトビジネスを構築する方法