ネットビジネス大ブームの再来

ネットビジネス

小坂井です。

前回、アフターコロナを安心して生きる
秘訣についてお話しました。

私はネットビジネスを通して、

安定・安全・安心な人生を歩める人

を増やしたいと思っています。

収入で言えば、毎月50万円くらいの
給料が安定して振り込まれる。

(税金や保険料、年金を差っ引いて、
手取り月収38万円くらい)

人間関係も孤独ではなく、
一緒にネットビジネスを
頑張れる仲間がいる。

体も健康で、体調を崩したり、鬱気味だったり、
モチベーションが低かったりする事が無い。

感情もポジティブかつ前向きで、
余計な不安や恐怖に縛られず、
常に希望を持っている。

私自身、そんな人生を目指していますし、
あなたにも実現して欲しいと思うのです。

そのために、今はブログ、メルマガ、Twitter、
Facebook、YouTubeで情報発信をしています。

が、そんなに負担の掛かる行為ではありません。

今は日課として淡々と行っています。

いつも午前中には、その日の情報発信が
終わるくらいのスケジュールです。

しかし、3月には月収31万円を稼げました。

もうすぐ4月が終わりますが、
多分月収28万円くらいになると思います。

生憎、先ほど例に出した毎月50万円には、
私自身、届いていません。

しかし、昨日のメールで話しましたが、
私は諸事情があり、2015年から5年間ほど
ネットビジネスを離れていました。

離れる前は、信じられないかも知れませんが、
月の報酬が100万円を超えた事もあります。

今の活動は今年1月から再開したので、
まだ絶対的な時間が足りていないだけで、
このまま続ければどんどん給料は
アップすると確信しています。

そうして収入が上がっていく過程も、
あなたにシェアする予定です。

(「ネットってこんな風に稼げるんだ!」
という実感を得て頂くために)

で、

今後の展望として、Zoomを使った
オンラインセミナーを積極的に
やっていきたいと考えています。

また、Facebookやチャットワークなどで
グループを作り、小坂井悠のコミュニティも
運営するつもりです。

そこで、本格的にビジネスを伝授する
という計画でいます。

今もブログやメルマガ、Facebookで
ビジネスノウハウは発信しています。

が、こういう大衆向けの媒体(メディア)では、
あまり「ビジネス!」という雰囲気が
好まれません。

ガチガチに商売を勉強するというより、
軽いノリで、ちょっと面白い話を聞ける
程度の方が受けやすいのです。

なので、表の媒体では親しみやすいところから
話題をスタートさせています。

そして、さらに本格的に学びたい人へ、
ビジネスやコピーライティング、
マーケティングなどのお堅い話も
伝えていくつもりです。

ただし、

今はコロナショックの影響で、
『三密』が避けられています。

なので、直接のセミナーは危険です。

そこで、ネットビジネスらしく、
オンラインでの講座を考えています。

例えば、何月何日にセミナーをやると、
メルマガやFacebookグループで
私からあなたへ告知します。

そして、決まった日時にZoomで集まるのです。

そうすれば、オンラインのビデオ通話で、
セミナーを開催出来ます。

そこで本格的にビジネスを伝授するのです。

また、参加者さんの日々の実践報告は、
Facebookやチャットワークなどで
グループを作り、送ってもらいます。

そこに、たくさんの人が実践報告を
書き込んでいくのです。

(セミナーでビジネスを教えたら
「はい終わり、後は各自頑張ってね」
という人も多いのですが、私はその後の
アフターフォローを大事にしています)

そして、いつかコロナショックが落ち着いたら、
東京などでオフ会を開くのも良いでしょう。

このように、大部分をネットで完結させるのです。

以上のような動きは、今後日本中で
広まっていくと予想されます。


やはりコロナウイルスの影響は大きく、
これから世界中で、人々の直接の
コミュニケーションが減ると思うのです。

だからセミナー会場はどんどん潰れますし、
居酒屋もファミレスもピンチになるでしょう。

となると、直接触れ合わなくても済む
ZoomやYouTubeなどでの情報発信や
コミュニケーションが多くなるはずです。

現に、今は料理の作り方、魚釣りのやり方、
筋トレやボイストレーニングなども、
YouTubeで学べる時代です。

従って、オフラインで誰かからモノを
教わる機会がどんどん減っていきます。

商品はAmazonで買い、
映画はパソコンやiPhoneで見るようになり、
筋トレは家で出来るようになり、
仕事も在宅勤務(リモートワーク)化していく。

こういう動きが積み重なり、

アフターコロナは全生活オンライン化になる

というのが私の予想です。

もちろん、食べ物や飲み物はスーパーやコンビニで
買う事になりますし、Amazonで注文した商品も、
佐川などに配達してもらう事になります。

なので、完全オンライン化は不可能です。

が、可能な部分は極力オンラインにしていく
という動きが、コロナショックを境に
広がっていくと予想しています。

次第に、仕事さえもネットになっていくのです。

そのため、ネットビジネスも今後確実に
大ブームが巻き起こると私は考えています。

だからこそ、今こうして情報発信をしている
部分も大きいのです。

今はまだ、ネットビジネスと言っても、

本当に稼げるのかな?
怪しくない?胡散臭くない?
今から始めても無理じゃない?

と思う人が多数派だと思います。

実際、私も昔はネットビジネスで
独立出来るなんて考えていませんでした。

しかし、その後ネットで稼いでいる人から、
少しずつノウハウを学んで、収入を
得られるようになったのです。

が、だからと言ってネットビジネスに挑戦した
100%の人が稼げているわけではありません。

現実的に上手くいかない人もいます。

稼げない人もいます。

では、稼げる人と稼げない人の間には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

私が思う決定的な違いは、
稼げない人は我流だったり、
見様見真似でやってしまう事です。

つまり、

こうすれば儲かるんじゃない?
儲かってる人を真似してみよう

という安易な発想でビジネスをするのです。

しかし、そういう思いつきや、
表面的な真似事では、裏で行われている
マーケティングや戦略は決して見抜けません。

結果、1円も儲からずに
挫折してしまう人が多いのです。

なので、私から推奨する取り組み方は、
結果を出している先人に教わる
という事です。

事実、私もすでに稼いでいる人から
ノウハウを教わって成功してきました。

もちろん、中には全然稼げない方法を教え、
お金を巻き上げる詐欺師も混ざっています。

なので、誰なら信用出来て、
誰は信用出来ないのかという
見極めはとても大事です。

が、きちんと教えてくれる人を見つけ、
指導を受けながら情報発信をすれば、
ネットビジネスから現金収入を生み出す事は
そう難しくありません。

私もブログ、メルマガ、Twitter、Facebook、
YouTubeなどで軽くビジネスの話をするだけで、
3月は月収31万円を稼げました。

その方法を、今後シェアしていきます。

なので、あなたにも一緒に
取り組んでみて欲しいのです。

今後、ネットを介さないリアルな仕事、
いわゆる“オフラインビジネス“は、
どんどん厳しくなっていきます。

そもそも、人との直接的な交流が危険なのです。

なので、オフラインビジネスを
やる会社は急速に減っていきます。

お客さんも実店舗には来なくなります。

また、スーパーや薬局など一部を除き、
「このご時世にお店を営業している」
というだけで風当たりも強くなるのです。

なので、アフターコロナの世界では、
オンラインビジネスを自分のモノに
していく必要性が高まると思います。

では、そのために具体的に
どんな事が必要になるかは、
また次回お伝えしていきます。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス