アフターコロナを安心して生きる秘訣

ネットビジネス

小坂井です。

私は今、埼玉県さいたま市に居住しています。

そして、ネット上でNext Dimension Infinity
というビジネスコミュニティに参加し、
300人以上の仲間たちと一緒に活動しています。

そんなNext Dimension Infinityの講師が、

新田 祐士さん
小田 真嘉さん

という方です。

新田さんはネットビジネスに参入し、
初年度から2億円以上の売上を上げました。

以来、8年近くネットビジネスの最前線を
走っているプロフェッショナルです。

彼が立ち上げたNext Dimensionは、
すでに3000人以上の規模に発展しています。

(Next Dimensionは定期的に繰り返し
開催されるコミュニティで、Infinityは
第8期に当たります。過去のメンバーを
合計すると3000人という計算です)

また、コミュニティメンバーが今、
続々と大阪の楠葉という土地に集結しています。

すでに100人以上が引っ越しているようです。

ネットビジネス界でもトップクラスの
影響力を誇っている事は間違いありません。

一方小田さんは、古神道に精通する
経営コンサルタントです。

業界の老舗やトップ企業が相談に来るほど
様々な界隈で信頼を集めています。

経営の問題や社員教育だけでなく、
社長の家族問題まで解決してしまうという、
不思議なエネルギーを持った方です。

他にも、年収数千万円を誇る方々が
Next Dimensionサポートメンバーとして、
日々ビジネス講義をして下さっています。

私もそこでネットビジネスを学ぶ一員です。

そうして様々なノウハウを勉強しつつ、
コロナウイルスにも負けないよう、
免疫を高める工夫をし続けています。

例えば私は、週3回、
サーキット・トレーニングという
筋トレで体を鍛えています。

サーキットは器具を使わず、
自宅で出来るトレーニングの1つです。

10種目のメニューをこなすだけで、
腕、腹筋、背筋、太腿やふくらはぎなどを
全身バランスよく鍛えられます。

男性なら筋肉がガッチリ付いてきますし、
女性なら体が程よく引き締まります。

また、夜はバスソルトと日本酒を混ぜた
ぬるめのお風呂に30分ほど浸かっています。

(塩とお酒を混ぜると、発汗や血行促進に良いのです)

そして、信じにくいかも知れませんが、
1日の睡眠は3時間しか取っていません。

というのも、27歳の時に1日の睡眠時間を
減らす『短眠メソッド』と出会い、以来、
1日3時間しか眠らなくとも平気な
体質に進化出来たのです。

毎日午前2時〜午前5時までしか眠っていませんが、
疲労感や睡魔には悩まされず、健康的な生活を
送っています。

その一方で、ネットビジネスをしているのです。

と言っても、やっている事と言えば、
ブログ、Twitter、Facebook、YouTube
などで情報発信をするだけです。

そのうちメルマガやオンラインセミナーも
開始するつもりですが、そんなに複雑で
大層な事をやっているわけではありません。

で、

なぜ私が今のようなネットビジネスを
やっているかと言うと、コロナウイルスを境に
世の中が大きく変化する可能性が高いからです。

今は世界中がコロナショックで大変な事になっています。

その中で私が思う事は、今後日本の
労働形態が大きく変わる事です。

今はほぼ全ての企業が不安定になっています。

緊急事態宣言による営業自粛で、
零細企業や中小企業はどんどん潰れています。

また、旅行や出張が激減したせいで、
旅行会社、ホテル、交通会社などが、
軒並み大ダメージを受けています。

経営に余裕が無い中小企業では、
ひとたまりもありません。

個人経営のお店などは、あっという間に
倒産してしまうでしょう。

また、今後は大企業の倒産も増えるはずです。

現に、南アフリカ最大手の航空会社、
南アフリカ航空や、オーストラリアで
第2位のシェアを誇るヴァージン・
オーストラリアが先日経営破綻しました。

このままではJALやANAも危ないでしょう。

また、高級カプセルホテルである
ファーストキャビンも、昨日
ついに破産申請しました。

旅行や出張に関係するお店は、
次々と潰れているのが現実です。

すると、今後人々の働き方が変化します。

今は『三密』が非常に警戒されています。

そして、この三密に対する恐怖心は、
コロナウイルスが収束しても、
数年は続くと予想されます。

いくらコロナショックを乗り越えても、
「人との密な接触=怖い」という刷り込みは
そう簡単に消えないわけです。

そもそも新種ウイルスは毎年誕生しています。

しばらくは、そんなウイルスが現れる度に、
コロナショックの恐怖が蘇るはずです。

そのため、最低でも5年くらいは、
人々が三密を避け続けると思います。

となると、人々が一緒に働かなくなるのです。

今でも在宅勤務(リモートワーク)が
日本中で増えています。

同じく、今後は人々の働き方が
オンライン中心になると私は予測しています。

つまり、人々の直接の交流が減るのです。

となると、どうなるか?

要するに、今まで安泰と言われていた
生活が、安泰ではなくなります。

今言ったように、コロナショックの中で、
零細企業や個人経営のお店はどんどん
倒産しています。

体力のある大企業は生き残るでしょうが、
それ以外はひとたまりもありません。

(大企業でも、あまり蓄えが無いと、
ヴァージン・オーストラリアのように
あっさり経営破綻してしまいます)

つまり、一部の大企業を除き、
『安泰』と言える職業が無くなるのです。

今までは将来が保証されていた職業や役職が、
安全ではなくなるのです。

「では、アフターコロナの世界では
もう安定は手に入らないのか?

「安全な働き方は存在しないのか?」

と言うと、私は存在すると考えています。

コロナショックを境に、人々の働き方は
大きく変化します。

逆に言えば、新時代の労働スタイルに
合わせたビジネスなら、大きく儲かる
可能性が高いのです。

その1つが、ネットビジネスです。

人々が一緒に働かなくなるなら、
「自宅で自分1人でも稼げる仕事」
が今後、確実にブームとなります。

ネットビジネスなら在宅勤務のように、
プライベートな自宅から1歩も出ず、
現金収入を得られます。

また、今後様々な企業が倒産する以上、

会社に終身雇用で雇ってもらう

という働き方は、もう通用しません。

となると、会社から給料を受け取るより、
自分の力でお金を儲ける方が、
アフターコロナでは安全と考えられます。

自宅で出来る+会社に依存しない

その両方の条件が揃うものがネットビジネスです。

つまり、会社に出勤せず、
プライベートな自宅で収入を得るのです。

パソコンから毎月の給料を稼ぎつつも、
家で良いご飯を食べて、たまに体を動かし、
塩や日本酒を混ぜたお風呂に入り、健康を保つ。

それが一番安全であり、安定し、安心出来る
ライフスタイルだと私は考えます。

だからこそ、私も今のような生活を送っているのです。

私はMacBook Pro一台で仕事しています。

そこで、ブログ、Facebook、YouTubeなどを使い、
情報発信をして現金収入を得ているのです。

2020年1月1日からスタートしたので、
まだ始めて5ヶ月程度ですが、
早くも4月は月収30万円を稼げました。

5月の収入は少し減りそうですが、
それでも28万円は稼げそうです。

そして、ビジネス以外の時間では
自然公園を散歩し、家で筋トレし、
塩や日本酒を混ぜたお風呂に入り、
体作りをしているのです。

きちんと健康管理をして免疫を高めれば、
コロナウイルスにもそうそう負けません。

外出自粛だからと言って家に引きこもり、
運動不足・日光不足・酸素不足に陥るより、
余程安全なはずです。

そんな私には、1つの夢(ビジョン)があります。

私と同じように、
安定・安全・安心が保証された生活
が出来る人を増やしたいと思っているのです。

今はコロナショックで世の中が不安定になっています。

そして、人々の心も不安に支配されています。

そんな中でも、ネットビジネスから安定収入を得れば、
安心した生活を送れるはずです。

激動なアフターコロナの世界でも、
波風の立たない安定した生活をする。

そんな人を、オンラインを通じて
日本中に増やしたいのです。

今はまだまだ私の活動規模は小さいです。

が、今後一緒に頑張れる仲間を持ち、
Next Dimension Infinityのように
盛り上がるコミュニティを作るつもりです。

ちょっとした目標ですが、
全ての都道府県に私の仲間がいる状態を
目指したいと思っています。

コロナショックが収束した後に国内旅行をすると、
どの街へ行っても私の仲間がいて、迎え入れてくれる。

観光案内をしてくれる。

そんなコミュニティを作りたいのです。

とは言え、私も昔はロクに仕事が出来ない
駄目サラリーマンの1人でした。

仕事ではミスを連発し、毎日のように
上司や先輩から説教を受けていました。

そんな中、毎日12時間も
労働させられていました。
(当然、サービス残業)

有給など存在しません。

そして、毎月16万円程度の給料を
受け取っていたのです。

その後ネットビジネスを始めましたが、
私自身にセールスを学んだ経験がまるで無く、
お金は全然稼げませんでした。

1年3ヶ月近くは、月収3万円が限界だったのです。

(その間は失業保険を受け取ったり、
実家で貯金を食いつぶしながら生活していました)

しかし、後にネットビジネスの成功法則を
教えてくれる師匠と出会います。

それから、月収が12万円、24万円、63万円、
果てには102万円と伸びていったのです。

信じられないかも知れませんが、
瞬間最大風速で月収740万円をも
売り上げた事があります。

その後は、様々な諸事情であって5年ほど
ネットビジネスを離れていました。

しかし、2020年1月から復帰したのです。

正直、ブランクが開き過ぎて今からでも
稼げるか不安でした。

が、無事に4ヶ月間で、月収31万円を
達成出来ました。


今の私の活動規模は、まだまだ小さいです。

しかし、Next Dimension Infinityメンバーと
日々励まし合いながら、活動を続けています。

そんなND Infinityでは、週何回もZoomや
Facebookでセミナーが開催されています。

また、Facebookグループでは
私の投稿した記事をシェアしており、
先日はこんなコメントも頂けました。

今のご時世、直接人と会って交流するのは
難しいですが、オンラインでも親密な
関係を生み出せています。

アフターコロナの世界では、オンラインを
中心とした方が、生活は安定すると思うのです。

会社の事務所(オフィス)へ出勤して働き、
決まった給料を受け取るような生活は
もう古くなりました。

それは今後の時代、かえって不安定なのです。

そうではなく、自分でいつでも
現金収入を生み出せる能力を養う。

それが、令和を安全に生き抜く秘訣だと思います。

まずは、私自身がネットビジネスに復帰し、
「ちゃんと稼げる」という結果を出しました。

次は、私が儲けたその方法を、
多くの人にも伝えていきたいのです。

と言うと、

なんで自分が儲けた方法を人に教えるの?
自分1人で稼いだら良いじゃん

という疑問が生まれるかも知れません。

別に、誰にも教えず自分1人で稼ぐのもアリです。

が、アフターコロナの世界を安全に生きるには、
一緒に成長し合える仲間を持つ必要があります。

なので、私の稼ぎ方を誰かにシェアしてでも、
“友達“を持った方が堅実だと判断したのです。


過去、ネットビジネス業界では、

「初年度から年収1億円!」
「参入から3ヶ月で年収3000万円!」
「5億円を貯金してセミリタイア!」

のように、とにかく莫大なお金を稼ぎ、
悠々自適なライフスタイルを送るという
コンセプトが流行りました。

私自身もビジネスでの向上心が強く、
将来は年収1億円以上という大きな
世界を目指したいと思っています。

が、現実的に考えて、本当に年間何億円も
稼ぎたい人は少ないと思います。

本当は年収600万円もあれば、
十分に良い暮らしが出来ると思います。

特に、ネットビジネスなら働く場所を問いません。

なので、郊外や田舎暮らしも可能です。

それなら、年収600万円でも
裕福な生活が出来るはずです。

東京23区に住む人でも、年収1000万円あれば、
贅沢な暮らしが出来ると思います。

そのため、私からは年収1億円とかいう話より、

年収600〜1000万円くらいを稼いで、
そこそこ贅沢な暮らしをしていきましょう

くらいの話をお伝えしていけたらと思います。
では、今後も様々な情報を提供していきます。

もし、私の記事を見て何か感じる事があれば、
ぜひ感想や要望を送って下さい。

「こういう事に悩んでいますが、
どうすれば良いですか?」

のような質問も大歓迎です。

お寄せ頂いたメールを元に、
また新たな発信していきます。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス