コピーライティング力が10分で上がったZoomコンサルティング

コピーライティング

小坂井です。

先日、『コピーライティング道場』の参加者さんと、
直接お会いしてきました。

(道場にはグループコンサル、個別コンサルの
特別コースがあり、そのうち個別の方を
受けてくれている方です)

で、その方の悩みが、

一旦文章を書き始めてみるも、
どうしても上手く書けない、
行き詰まってしまう

というものでした。

これはライティング初心者さんあるある。

本やセミナー、教材などで
コピーライティングを勉強しても、

「書いているうちに迷走してしまう」
「何が言いたいのか分からなくなってくる」
「書いては消し、書いては消しを繰り返す」

といった悩みは出てきてしまいます。

テクニックもいろいろ種類があるので、
「そんなにいっぱい使い切れない!
どう書いたら良いのー!?」
と混乱してしまいやすいんです。
 
 
そこで私からした提案が、

じゃあ、実際に私が書いているところを
お見せしましょうか?

というものでした。

言葉で「こうしたら書けると思いますよ」と
細々アドバイスするより、普段から私が
メルマガを書いている様子を見せた方が、
分かりやすいと思ったのです。
 
 
そこで後日、その方とZoomを繋ぎました。

画面共有をし、実際に私がゼロからメルマガを
仕上げるところを見せてみたのです。
 
 
そして次に、その方の媒体やテーマで記事を書くなら、
どうするか?をお伝えしました。

その方は子育てママに向けた記事を書いているので、
私がいつも使っている6-Stepのテンプレートを用意し、
「私が書くならこういう風にします」
というものをお見せしました。

そうしたら、かなり喜んでくれて、
「早速やってみます!」と言っていました。
 
 
そして昨晩、新しく書いた記事を報告してくれたのですが、

かなりライティング力が上がっていました。

今までも、その方の記事は何個か見てきたのですが、
過去一でいろんなストーリー、感情、エネルギーなどが
詰まっていたのです。
 
 
私はコンサルを通し、何も新しい
知識やテクニックは教えていません。

(強いて言うと、6-Stepの構成は伝授しましたが、
他でお伝えしているテンプレートと、
そう大きくは変わりません)

私はただ、様子を見せただけ。

それで一気にライティングが出来るようになったんです。
 
 
結局、人って『デモンストレーション』が
一番学べるんだなと実感しました。
 
 
「知識を教えたから、後は練習してね」
というのは、どうしても難しいです。

30個のテクニックを教わったところで、
具体的にどう使ったら良いか迷うし、
ちゃんと使えているかも分かりません。

それよりは、テクニックを実際に使っている
様子を見せてもらった方が、話は早いんです。
 
 
特に、コピーライティングのような技術って、
ある程度の経験を積んできた人にしか
分からない“感覚“ってあります。

例えば、

「私のブログのプロフィールは、
暗闇の中で彷徨って泣きそうな人に、
一筋の光を与えるイメージで書いたんです」

という具合です。

そんな事を言われても、
「なんのこっちゃ」って話ですが笑
 
 
でも、こういう抽象的な話が、
他のコピーライターには当然のように
通じたりするんです。

つまり、“売れるコピー“を書ける人たちの間には、
彼らにしか分からない感覚があります。
 
 
問題は、それをどう“これから“の人たちに
継承するか、です。

それはとても、言葉では伝え切れません。

そこで役立ってくるのが、
「横で見てもらう」という事です。

実際に書いている様子を見てもらえば、
テンプレートやテクニックを超えた
“空気感“が伝わります。

「あ、よく分かんないけど、
こういう感じで書いたら良いんだ!」

という非言語領域が伝わるんです。

だから、別に新しい知識は教えていないのに、
一気にライティング力が上がったりします。

(逆に、
「ステップ1でこうして、2でこうして..」
という方法だけを伝えても、限界があります)

なので、デモンストレーションが最強。
 
 
そう考えると、どんな分野でも、
上達が早い人ってデモンストレーションを
受けているように思います。

ボイストレーニングにしても、
筋トレにしても、ゴルフなどのスポーツにしても、
誰かコーチを付けて指導を受けているんです。
 
 
例えば筋トレは、フォームが少しズレるだけで、
効果が激減する事はよくあります。

だから、パーソナルトレーナーを付けて、
やっている様子を横で見せてもらうんです。

そして、実際に動きを真似してみる。

もしズレている箇所があったら、修正してもらう。

その繰り返しで、あっという間に正しいフォームで
トレーニングが出来るようになります。
 
 
私も、週3回ペースで家トレをやっていますが、
数年前、プロにトレーニングの様子を
見てもらった事があります。

そうしたらなんと..

腕立て伏せ1回で、5ヶ所も指摘を受けました。

トレーナー
「指の開き方が違う」
「肩の位置が違う」
「肘の曲げ方が違う」
「腰と脚の伸ばし方が違う」
「脇の締め方が違う」

小坂井
「う、うっす(´・ω・`)」

でも、そこから腕立て伏せの効果は凄く上がり、
胸筋と上腕二頭筋がだいぶ太くなりました。
 
 
なので、

『誰かに直接見てもらう』
『デモンストレーションしてもらう』

って何より収穫があるなと思います。
 
 
ただ、私が今回やったようなやり方は、
そんな大人数に向けては出来ません。

その代わり、誰か1人にデモンストレーションしている
様子を動画に撮って大勢に配布したり、
セミナーで私のライティングをお見せしたり、
いろいろ代わりの方法はあります。

特に、コピーライティング道場では近いうち、
私がメルマガを書く様子を録画して、
プレゼントしようと思っています。
 
 
今回、かなり大きな変化を感じたので、
あなたにもお薦めしたいです。

自分が何かを学ぶ際には、
デモンストレーションを受ける事。

逆に、誰かへ知識を教える時には、
デモンストレーションして見せる事。

ここをぜひ、意識してみて下さい!

新興カルト宗教の作り方

あなただけのカルトビジネスを構築する方法