バーチャルYouTuberが人気な理由をビジネス視点で分析してみた:その2

未分類

小坂井です。

今日は前回の続きです!

■前回の記事

なぜ、バーチャルYouTuberが
スーパーチャット収益化ランキングTOP10
をほぼ独占出来たのか?

その人気の理由を分析してみました。

今日は、後半3つを発表します!

4) チーム戦をしている

これは、前回の
「3) 楽しい関係性を見せている」
と似ているのですが、
VTuberには企業勢がいます。

彼ら(彼女ら)はその仲間同士で、
チーム戦をやっているんです。
 
 
VTuberは他のYouTuberと同じように、
1人1人が飛び抜けて凄い才能を
持っているわけではありません。

「少し得意分野がある素人」というレベル。

ただ、1人1人の個性やキャラクターが
際立っているため、その面白さで、
ファンを集めているんです。
 
 
さらに、いろんなグループやチームがあり、
お互いコラボをしながら、強みを発揮しています。

だから、飽きられにくいんです。
 
 
また、企業勢には大体、
リーダー格のVTuberが1人います。

そして、そのキャラはカリスマ性が結構強いんです。

そのため、「炎上の聖火リレー」と呼ばれる
この業界において炎上しない、批判されない、
アンチを生まない良い立ち回りをしています。

(そういう事が出来る人を、企業側も
リーダーに置いているのかも知れません)

そして、何か不穏な空気になっても、
上手く取りまとめているんです。
 
 
今は昔と比べて上下関係が薄く、
どんどん「横(平等)の関係」の
時代になっていると言われています。

昭和は、上の人間の命令は絶対。

下の人間に発言権は無いという、
ゴリゴリの上下関係が主流でした。
 
 
が、今の若い人たちは
「社長や上司が言っているから」
と言って絶対服従したりせず、

その人が尊敬・信頼出来る人なのか

で従うかどうかを決めています。

つまり、どんなに社内で上の立場の相手でも、
人として尊敬出来なければ言う事を聞きません。

それほど、時代は横の関係になってきています。
 
 
しかし、今年2020年以降は、

縦と横のハイブリッド

が来ると言われています。

ほとんどの関係は平等なんですが、
その中でも特に尊敬される生き方をする人が
上に立つという構造になっていくのです。

(他、TPOに応じてリーダーが変わるという
システムも今後流行ってくるのですが、
長くなるのでいずれ話します!)

それを、VTuberの企業勢は体現しています。

5) 他業種への応用が簡単

ここが、三次元のYouTuberには
なかなか真似出来ないポイントです。

私が1〜4まで言ってきたのは、

「来た人をいかにファンにするか」
「どれだけリピーター化するか」

という話。

が、ビジネス的に大切なのは、

「そもそも新規集客はどうしているのか」

です。

ここは、各々のYouTubeチャンネルが伸びてくれば、
ただ配信をするだけで勝手に増えていくものなんですが、
もう1つ、VTuberの強みとなっている部分があります。

そして、それは“三次元“のYouTuberには、
なかなか真似出来ないポイントなんです。

それは、

二次創作が簡単

という事です。

つまり、VTuberを題材とした、
イラストや小説が簡単に作れます。

ここが三次元だと、流石にHIKAKINの
イラストを描く人は少ないわけです笑

が、VTuberの場合は、
公式が二次創作を積極的に推しており、
良いイラストは本人にリツイートされたりします。

すると、イラストを通してVTuberを知る人が増え、

「このキャラ可愛いから見てみようかな」

という層が出てくるわけです。
 
 
「二次創作から新規集客をする」という流れは、
他の漫画、アニメ、ゲームなどでも起きます。

起きますが、漫画やゲームとなると“有料“なので、
閾値(ハードル)が高いのがデメリットです。

その点、バーチャルYouTuberなら
無料動画がたくさんアップされているので、
新規の人が気軽に観にきてくれます。
 
 
いわば、口コミ集客。

ネットビジネスも、TwitterやYouTubeを使って
集客は出来ますが、それ以上に確実なのは、
「お客さんがお客さんを呼んでくれる」
という状態を作る事です。

お客さんに好かれ、感謝され、尊敬される人は、
マーケティングスキルが全然無くても、
口コミだけで勝手に商売繁盛したりします。

なので私も、集客が苦手な人には、

「目の前のお客さんを全身全霊でもてなす」

という事を推奨しています。
 
 
その点VTuberは、二次創作という独特の手法で、
口コミを大量発生させているんです。

(流行っているソシャゲとコラボし、
VTuberがキャラクターとしてゲーム内に出演したり、
ローソンとコラボしたりもしています)

6) バーチャルキャバクラ

これが最大のポイントかも知れません。

下手すると数百万人のVTuberファンを
敵に回してしまう発言なんですが…笑
 
 
Next Dimensionでは、
『エネルギー』という概念がよく話されます。

ここではひとまず、気力や体力、意志の力、
モチベーションなどを総合したもの
と考えておいて下さい。

“仕事を頑張る活力“というイメージです。
 
 
そのエネルギーって、女性は自分で生み出せます。

自家発電が可能なので、
自分で自分を鼓舞する事が出来るんです。
 
 
一方、男性は自分でエネルギーを生み出せません。

一瞬の馬力や勢いは女性より強いので、
ガンガン仕事をするのは得意なんですが、
バテるのも早いんです。

じゃあ、バテた後はどうすれば良いのかと言うと、
女性からエネルギーを分け与えてもらう
必要があるのです。
 
 
よって、夫婦や恋人関係が円満な男性ほど、
ビジネスでもバリバリ活躍しています。

Next Dimension講師の小田さんも、

「自分に賭けてくれる女性社員が
3人以上いる経営者は成功する」

と言っています。

自分を応援してくれたり、
本気でコミットしてくれる
女性社員が何人もいる社長は、
無尽蔵の体力でバリバリ働き続けられるんです。
 
 
逆に、家庭が崩壊している経営者は、
会社が火の車だったり、表で良い格好を
しているだけで、心は荒んでいたりします。

奥さんと喧嘩したり、彼女と別れたりした男性が、
その後ずっとエネルギー枯渇状態になるのは、
自分を応援してくれる女性がいないからです。
 
 
独身男性も、誰かしら自分を応援してくれる
女性は持った方が絶対に良いと思います。

(お客さんでも、同じコミュニティのメンバーでも、
メンターでも可)
 
 
じゃあ、そういう女性がいない男性はどうすれば良いのか?

その答えが『夜の街』。

男性経営者は、ビジネスばかりで孤独な人が多いです。

既婚でも、家庭が崩壊している人は少なくありません。

そのため、キャバクラで高いお金を払い、
“嬢“からエネルギーを補給します。

つまり、夜の街って経営者のエネルギー源なんです。

で、

女性からエネルギーを貰わないといけないのは、
オタク男性たちも同じ。

でも、オタク層は自分を応援してくれる女性を
持たない方が多いですし、キャバクラなどは
抵抗があって行きたがりません。

かと言って、漫画やアニメのキャラクターは、
自分を応援してくれるわけではない。

そうした経緯で流行ったのが、

『バーチャルYouTuber』

だと私は推測しています。
 
 
VTuberは、男性がエネルギーを補給出来る
数少ない場なんです。

(美少女VTuberだけど中身が♂
というケースも稀にありますが、
ほとんどは女性だと思います笑)

美少女キャラクターに投げ銭をすると、
自分のコメントを読み上げてもらえたり、
名前を覚えてもらえたりしますし、
Twitterでも絡めるチャンスがあります。

そうしてバーチャルYouTuberから
生きるエネルギーを貰うというのが、
大ブームの理由ではないかと思うのです。
 
 
もちろん、中には男性VTuberもいますし、
女性ファンもいるので、
全部がそうだとは言いません。

ただ、私が配信を見たり、
Twitterをリサーチした限りでは、
投げ銭で彼女たちを支えている層は、

オタク男性 → 美少女VTuber

の構図が圧倒的。

だから、他の並み居るYouTuberたちに差を付け、
投げ銭の世界ランキングTOP10のうち7人分を、
VTuberが占領したのだと思います。
 
 
と、ここまでVTuberが大ヒットした要因を、
私なりに6つまとめて解説しました。

的外れな部分もあるかも知れませんが、
VTuberが世界的に大ヒットし、YouTubeの
スパチャランキングを占領したのは事実。

ここに、ビジネスのヒントが隠されていると考えています。

ちょっと大袈裟に言えば、
「令和の最先端を行っている」
とも言えるんです。

・キャラクタービジネスをしている
・(主に)横の繋がりでチーム戦をしている
・様々な関係性を見せている
・オタク層にエネルギーを供給している

などなど、分析すればするほど、
今の時代に合っていると感じます。

彼ら(彼女ら)がやっている事も、
広い意味での情報発信。

いろいろな応用は必要ですが、
私たちのやっているビジネスにも、
取り入れられる部分は大いにあると思いました。
 
 
というわけで、私のメルマガでは初めての
“オタク市場分析“をやってみました。

好評なら、こういう分析を
いろんなジャンルでやろうと思うので、
ぜひご感想を下さい!

新興カルト宗教の作り方

あなただけのカルトビジネスを構築する方法