人生初のメンターで収入が30倍になった話

コピーライティング

小坂井です。

最近、コピーライティングの記事を多く書いていますが、
年内は『稼ぎ』に集中した話をしたいと思います。

というのも、

ここ数週間、多くの方々の悩み相談に乗っていると、
「まずお金を稼がないといけない」
という方が多いのです。

詳しくは言えませんが、
Next Dimension Infinity内でも、
お金の問題を抱える人が増えています。

実は私も、お金が無くなるまでは行きませんが、
金銭的トラブルが立て続けに起こるなどしています。
 
 
コロナウイルスの影響も大きいと思いますが、
ある一定のグループ内で起きる問題は、
不思議と皆、共通していたりするのです。

(スイスの著名な心理学者ユングは、この現象を
集合的無意識という言葉で説明しています)
 
 
これも「皆でお金を稼ごう!」という
大きな流れだと感じているので、
私のコミュニティ内でも稼ぐ人を増やしたいです。

何より、99%の人はそもそも収入を得たくて、
ネットビジネスを始めると思います。

なので、「いくら稼ぎたい」というのは
全然恥ずかしい欲望でも何でも無く、
当たり前だと思うのです。
 
 
ちなみに、私の中でのイメージですが、
ネットビジネスで安定収入を得るのは、
1つの『バックアップ』だと思っています。

最悪、起業に失敗したり職を失っても、
生活保護があれば大丈夫

という発想と同じく、

最悪、コロナで他の仕事が全部駄目になっても、
最低これくらいは稼げるから大丈夫

というラインを持っておく。

すると、何か金銭的トラブルが起こったり、
世の中が不安定になっても、メンタルはブレません。

※淡路島で伝統医学を勉強している医者の知人によると、
ガンなどの重い病気に掛かる人は、借金とかお金の
ストレスを抱えているケースが非常に多いそうです。

今のご時世、1人暮らしなら、
月収20〜30万円あれば都会でも暮らせます。

そのラインをネットビジネスで稼いでおくのです。
 
 
中でも、最も重要度の高いスキルが、
私はコピーライティングだと考えています。
 
 
私は2011年から情報ビジネスを始めましたが、
最初は全く軌道に乗りませんでした。

1日12時間パソコンに張り付いても、
夜中の2時まで教材を読み続けても、
月収5万円の壁すら越えられず…

酷い時には月の売上げが2,490円でした。

そうして、だんだん気持ちが焦ってきた私は、

「俺に足りないのは知識だ、
ノウハウだ、テクニックだ!」

と思い込み、新しい情報商材を次々と買い漁る、
典型的なノウハウコレクターと化していきます。

「この方法なら簡単に50万円稼げます!」
「今流行の○○式アフィリエイトです!」
「1日1時間の作業で大丈夫!」

のような煽り文が満載のレターに
あっさりと釣られたわけです。

が、現実はそんなに甘くはなく、
結局どの方法を試してもすぐ挫折しました。

モチベーションが長続きしなかったのです。

中にはたった3日で諦めたノウハウもあります。

そんな事をしている内に、
100万円以上あった貯金は20万円にまで減り、
カードも限度額に到達してしまいました。

当時は、500円のコンビニ弁当も怖くて買えないほど、
お金の不安に支配されていました。
 
 
私はインターネットで一攫千金したら、
今まで苦労をかけてきた両親に
恩返しするつもりでした。

一緒にレストランや旅行へ行ったり、
買いたい物をいつでも買い占められる生活を
送らせてあげたいと思っていました。

が、そんなのは夢のまた夢。

自分の食費や生活費すら稼げない有り様でした。
 
 
そんな時に出会ったのが、人生最初の
メンターであるコピーライターです。

当時「これが最後の望みだ」と思って購入した
コピーライティング教材の販売者さんが、
私の気持ちを深く理解してくれるメルマガを
何通も送ってくれたのです。
 
 
話をよくよく聞くと、その方も数年前は
私と同じように全然ネットビジネスで稼げず、
かなりの貧乏生活を送っていたそうです。

そんな共通点があったので、私はだんだん
メンターに心惹かれていきました。

そして、彼の言葉を愚直に実践し始めました。

少しでもブログの反応が変化したら
すぐに長文の成果報告メールを送り、
名前を覚えてもらおうとしました。
 
 
そのわずかな努力のおかげか、
2ヶ月後には直々のご指導を頂けました。

私が書いたブログやメルマガ、
セールスレターなどを全て見て頂き、
添削して頂きました。

「ここはこう書くと良いですよ」
「これをこの順番で書くと売れないんです」
「この単語はカットした方が良いですね」

など、プロのコピーライターが直々に、
全てのコピーを見てくれたのです。
 
 
結果、今まで3万円未満だった月収が、
たったの20日間で12万円を突破しました。
 
 
なおかつ、そんな指導を3ヶ月も受けたので、

プロのコピーライターはどういう発想で
売れる文章を書いているのか

という感覚を掴めました。

そのため、指導が終わってからも、
面白いように報酬は伸びていったのです。

2012年12月:月収24万円達成
2013年6月:月収46万円達成
2013年8月:月収54万円達成
2013年9月:月収84万円達成
2014年2月:月収85万円達成
2014年5月:月収100万円達成
2014年8月:月収103万円達成

のように、自力でお金を生み出せました。
 
 
その過程で私がした事は、
コピーライティングの勉強と鍛錬だけです。

売れるコピーの書き方が分かる

それだけで収入が全く変わりました。

(ただし、何度もお話しているように、
その後、私は大きく道を踏み外しました。
その原因と、あなたが同じ失敗をしないために
何が必要なのかは、改めてお話します!)

なので、コピーライティングというスキルを
私はかなり重要視しているのですが…
 
 
今現在、ライティング系の本、セミナー、
オンライン講座などはたくさん存在します。

ただ、最近の傾向として見られるのが、

具体的な書き方が分かりづらい

という事です。

確かに知識としては面白いのですが、
そもそも文章を書き慣れた人でないと、
実践が難しかったりします。
 
 
特に2015年以降の5年間、
ネットビジネス業界のレベルは
非常に高くなりました。

それは良い事なのですが、
一方、新規参入する人たちにとって
ハードルが高くなっています。

なので、私からはなるべく具体的に、
ステップ式でビジネスを教えていきたいのです。

先日公開した無料レポート、
『カルトライティングの経典』も、
自分なりに丁寧さを意識して作りましたが、
出来ればもっと易しくしていくつもりです。
 
 
最近、私のセルフイメージの1つとして、
『繋げる人』というのを持ち始めています。

もちろん、それ“だけ“ではありませんが、
複数あるセルフイメージの内の1つです。
 
 
どういう事かと言うと、
例えば私が今ビジネスを教わっている
新田祐士さんの講座は非常に抽象度が高く、
学ぶと、見える世界がどんどん変わってきます。

しかし一方で、
「レベルが高過ぎて付いていけない…」
という方もいらっしゃいます。

そして、私の役割は、そんなハイレベルな話を、
もっと次元を落として伝える事だと思うのです。
 
 
私は新田さんほど、抽象度を高めた話が出来ません。

でも、NDでだいぶ認識は高めて頂きました。

そのため、新田さんの話を、抽象度を低めた状態で
人に伝える事が出来るのです。
 
 
例えば、新田さんの教えるストーリーライティングも、

「参加したんだけど、レベルが高くて
よく分からなかった…」

という方がいらっしゃいます。

そこを私から、より具体的にして、
「新田さんが言いたいのは、こういう事ですよ」
とお伝え出来るのです。
 
 
先日配布した『カルトライティングの経典』で
話した共感・教育テンプレートも、
実は新田さんの講座で出てくる
テンプレートそのままだったりします。

ただ、それをコピーライティングを初めて学ぶ
初心者の方にも、すぐ実践出来るよう、
かなり掘り下げて話しました。

そのため、

あなた

小坂井

新田さん

という風に、私を経由してもらう。

それが、1つの役割だと感じています。

(様々な性格分析ツールを見てみても、
私と新田さんはタイプがやや近いようです)

なので、そんな橋渡しをこれから
どんどんやっていけたらと思います!
 
 
そんな『カルトライティングの経典』、
こちらのレポートもぜひ読んで、
実際に何か書いてみて下さい。

小坂井悠公式メルマガ
(メルマガに登録するとレポートを受け取れます!)

分からない事や、つまづいた事があれば、
いつでもご質問を受け付けています。
 
 
では、また更新します!

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス