凡人がネットビジネスで成功する方法

マインドセット

小坂井です。

先日、以下の記事を書きました。

情報発信の初心者が無限にネタを見つける方法

その後、早川さんという読者さんから、
熱いご感想メールを頂けました!

早速、ご紹介します。

こんばんは、小坂井さん。

メルマガに何度も登録したうちの1人である
早川と申します。

今まで僕が講読してきた方々のメルマガは、
登録後に自動返信メールが送られてくる人ばかりだったので、

小坂井さんのメルマガ登録をしたときも、
何かしらの確認メールが来るかも?と思い
即メールボックスを確認しました。

ですが、受信トレイにも、迷惑メールフォルダにも、
何も届いていなかったので、

「もしかして、登録ミスったかも」

と思い、3回くらい登録してしまいました。

今回のメールで、真意がわかったので、
一安心しています。

今回のメルマガは、
『無限にネタを見つける方法』
ということで、

自分の中で、かなりブレイクスルーが起きたので、
感想を送ります。

無限にネタを見つける方法は、
「自分の課題や問題点を書く」ってことで、

そんな自分勝手で良いの?!
と思いましたが、理由を聞いて納得しました。

僕はビジネスや成功哲学をテーマにした
情報発信を来月からスタートしようと記事を書いているのですが、

自分にしか響かない(と思い込んでいる)記事ばかりが増え続け、
「もっとキーワードを意識した記事を書かないと」
という思いがネックになり、記事を中途半端に放置してました。

「案ずるよりも生むがやすし」ってことで、
自分の課題や問題点を記事化した物を、
どんどん発信していこうと思います。

無駄に「遠慮しない」という小坂井さんのテーマを
図々しくパクらさせていただきました笑

いい意味で「遠慮しない」けど、行き過ぎて失礼にあたらないよう、
「謙虚さ」もバランスよく取り入れてみるのも素敵ですね。

そしてそして、「凄くない自分を応援してもらう」
というスタイルにも感銘を受けました。

たしかに昔は、
「凄い自分についてくれば間違いない」みたいな
オーダーメイドのスーツ着て、腕組んでドヤ顔
ブランディングが流行していたような気がします。

でもその場合、今凄くない人は、
どうやってブランディングしたらいいのか?

凡人が背伸びして神ブランディングしても、
身の丈に合っていないから、微妙な仕上がりになるのでは?

なんて思っていました。

でも今は、すごくない自分ををさらけ出して、
共感してもらって応援してもらうスタイルが
時代的にも合っているんですね。

この考え方って、流行った漫画にも同じことが言えます。

昭和世代に流行った「ドラゴンボール」は、
孫悟空みたいな、大きな「個」がシェアを独占していて、
人類最強のクリリンでさえモブキャラ扱いでした。

平成になると「ワンピース」が流行り、
サイヤ人が1人で爆走ではなく、剣士やコックが仲間となって、
コミュニティリーダー(ルフィー)を目的地までサポートする形になりました。

そして令和の時代は「鬼滅の刃」のように、
ただの村人が弱い部分を見せながら、
必死に努力して、周りから応援されるスタイルがウケるようにないましたね。

話をまとめると、

神ブランディングよりも、等身大の自分をさらけ出す
ってことが今の時代にはマッチしてるってことですね。

ではでは、ありがとうございました。

漫画の例えは非常に分かりやすいですね!

漫画の流行りには、
その時代の特徴がよく出ます。

いわば、

前時代:凄い私が成功法則を教えます

一昔前:私がリーダーとなって、皆を導きます

今:皆で一緒に夢を達成しましょう

という変化がありました。

昔はコミュニティという概念は無く、
凄い人が情報教材を売るだけだったのです。

が、一昔前(2012〜2015年くらい)は、
凄い人がリーダーとなって、フォロワーを導く
というスタイルが流行りました。

その頃にコミュニティという概念が
本格的に流行りましたが、当時はまだ、
リーダーは「凄い人」だったのです。

そして、大勢を導いていきました。

しかし今は、リーダーは凄くなくて良いのです。

まだ成功していなくても良いのです。

ただ、フォロワーより25%くらいは
前を進んでいるイメージです。

コミュニティにはリーダーがいるし、
上下関係も存在するのですが、
基本は「仲の良いグループ」くらいの
感覚で十分です。

今書いているネットビジネス・レポートで
詳しく解説する予定ですが、今の時代は、

YouTuberが投げ銭(スーパーチャット)で稼ぐ

ようなイメージが大事だと思っています。

YouTuberって、もちろん中には特技とか
凄い才能を持った人もいます。

しかし、一方で話術は大した事が無く、
これと言って特技があるわけでもないのに、
「キャラクターやストーリーが濃い」
というだけで流行ったりします。

そんな人が生放送を行うだけで、
1,000円とか3,000円とか、
投げ銭が来るのです。

(時には1万円とか3万円とか)

じゃあ、お金を送っている視聴者側は、
自分がサービスを受けられるわけでもないのに、
なぜ数万円もの現金を投資しているのか?

それはいわば、『応援料』です。

「私はAさんが好きで、応援したい。
だから、お金を送ってあげたい」

というくらいの気持ちで、
皆YouTuberに送金しています。

それで配信者に喜んでもらい、
その人がそのお金を使って、
また良い配信をしてくれたら満足。

それくらいなのです。

もちろん、時には投げ銭が配信者の目に止まって、
名前を覚えてくれたり、Twitterで絡めるように
なったりするなどのメリットもあります。

でもまあ、数万円という値段には
見合っていないですよね(笑)

それよりは、

私の好きなあの人を応援出来た

という気持ちだけでフォロワーは満足します。

私がイメージする、令和時代の
ネットビジネスもそんな感じです。

別に、特別な知識を提供する必要は無い。

そんなに、凄い知識を持っている必要も無い。

実際、私もYouTuberのチャンネルを
何個かチェックしていますが、
大した事はやっていないです(笑)

新しく買ったパソコンのレビューとか、
自室の紹介とか、他のYouTuberと雑談するとか、
ゲーム実況とか、そんなレベル。

それでも、皆にウケるキャラクターを持っていれば、
自然と応援されてお金が集まります。

しかもそれで、一昔前のような
「凄い人」より結果を出したりするのです。

これは機会を改めて話そうと思いますが、
2年くらい前から流行り始めた
「バーチャルYouTuber」という文化って、
ビジネスの最先端かも知れません。

・次々と新しく濃いキャラクターが生まれる
・上下関係はあっても、基本は仲良しグループ
・別に凄くない人が数十万人のフォロワーを集める

などの条件を一通り満たしているからです。

なので、ネットビジネスで実績が無いとか、
知識が無い、初心者なんていう事を
気にする必要は一切ありません。

それより大切なのは、

コンセプトやキャラクターを練る

という事です。

この点について、今書いている
ランディングページのプレゼントで、
掘り下げて解説していきます。

楽しみにして下さい!

 

他にも、メルマガで感じた事があれば、
どんどんご感想を送って下さい。

最近、特にメールを頂く機会が増えたので、
全部は取り上げられないかも知れませんが、
出来るだけご紹介します。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス