人生を変える睡眠法 (1日3時間睡眠のコツ)

ショートスリーパー

小坂井です。

今日は、『デルタ睡眠レクチャー』
参加者さんのメールをご紹介します。

デルタ睡眠レクチャーは5月に発足した、

60日間で3時間睡眠をマスターしよう

というオンライン講座です。

日中は眠気や疲労感に悩まされず、
集中力を害さず、健康的に3時間睡眠で
生活出来るようになろう!

というコンセプトでスタートしました。

5人限定という少人数制でスタートし、
最初の募集では満席になりました。

その参加者さんの1人に、
“小林さん“という方がいらっしゃいます。

この方が順調に3時間睡眠に近付いているので、
今日のメルマガ用にいわゆる“お客様の声“を
書いてもらいました!

 

短眠法と言うと、

睡眠時間を減らすなんて本当に出来るの?
生まれつき睡眠時間って決まってるんじゃない?

などの疑問が出てきやすいです。

そういう方はぜひ、
小林さんのメールを参考にして下さい。

===

小林です。

私は元々7時間30分睡眠だったところを、
デルタ睡眠で3時間睡眠にできました。

デルタ睡眠レクチャーに入る前は睡眠で苦労していて、
毎日ちゃんと寝ても日中眠いとか、
午前中はぼんやりしていて、
ブーストが掛かるまで2〜3時間も掛かるとか、
体の怠さもあるとか..

なんとか睡眠の質を上げようと思って、
エアウィーヴやシルクのパジャマ、
メラトニンサプリも試しましたが、
効果がありませんでした。

(小坂井さんの講座のおかげで、
ベッドやパジャマはそんなに重要じゃない、
メラトニンの効果も一般的に言われているものとは
大きく違うという事がわかりました。。)

何より、睡眠時間を短くして、
もっとビジネスの時間を増やしたいと思っていました。

そんな時、小坂井さんのTwitterで
デルタ睡眠のレポートを頂きました。

そして、せっかくなのでサポート付きで挑戦したいと思い、
レクチャーに参加させて頂きました。

驚いたのは、精神論とか、
「こうして睡眠の質を上げましょう」というテクニックではなく、
非常にロジカルに短眠が出来る理由を教えて頂けた事です。

おかげ様で、

「ああ、人間って3時間も寝れば十分なんだ!」
「夜の睡眠時間ってそんなに大事じゃないんだ!」
「レム睡眠さえ取っておけば良いんだ!」

という事が凄く腑に落ちました。

おかげで前向きに取り組めたと思います。

ただ、そうは言っても、最初は起床に苦労しました。

最初は連続で二度寝、三度寝をしたり。。

でも、後で小坂井さんに教えて頂いた
「発火起床」というテクニックで
ちゃんと毎朝起きられるようになりました。

そして、だんだん起きるのも楽になってきて、
今では毎日3時間睡眠でも平気で起きられます。

今までは、会社が終わって帰宅するのが午後9時ごろでした。

そこからご飯を食べて、お風呂に入って、
2時間だけネットビジネス作業をしたら、
すぐ睡眠を取って、出社。

毎日2時間しか副業の時間を取れませんでした。

しかし、今はお風呂から上がった後、
5時間も作業が出来ます。

そして、午前3時になったら寝て、午前6時に起きる。

そこから1時間、健康管理をして、午前7時に家を出る。

そのおかげで体も健康になりましたし、
ブログもバリバリ書けるようになりました。

凄く人生が変わって、入会して良かったです!

ありがとうございました。

===

デルタ睡眠レクチャーは、
「2ヶ月で3時間睡眠をマスターしよう」
という企画です。

そして、合計8週間にわたって、
短眠をマスターする音声が配られます。

今は7週目なので、まだ完璧に短時間睡眠を
マスターした参加者さんはいません。

が、この調子なら8週目が終わる頃には、
達成出来るだろうという方がいます。

小林さんが、その1人です。

 

そんな小林さんの凄いところは、
“過去に引きずられないところ“です。

過去は過去、今は今、未来は未来で分離出来ます。

どういう事かと言うと、そもそもデルタ睡眠は、
根性で無理やり睡眠時間を削るのではなく、
眠気や疲労に悩まされず、集中力も落とさず、
健康的に3時間睡眠を実現するプログラムです。

しかし、やり方をミスると、朝起きられなかったり、
日中は眠気に襲われたりします。

(そこを、サポートで1つ1つ改善していこう、
という企画です)

が、そこで過去に引きずられると、

やっぱり睡眠って6時間は
取らなきゃマズいんじゃないかな…

またフラフラになるんじゃないかな…

短眠が出来なくても別に良いかな…

と、今までの考え方に戻ってしまいます。

そして、
「デルタ睡眠は誰にでも出来るものじゃない」
とノウハウのせいにするか、
「私はやっぱり6時間は寝ないといけない」
と自分の体質のせいにしてしまうものです。

でも小林さんはそこで、

何が間違っていたんだろう
どこを見落としていたんだろう
次どうすれば良いんだろう

と、自分のやり方に問題がある
という考え方を自然とします。

ノウハウはあくまでも正しく、
自分に何か出来ていない部分があった、と。

この考え方が出来る人は、わりと少ないのです。

人間は、自分が間違った、ミスをしたと
認めたくない生き物です。

なので、どうしても言い訳しがちになります。

が、小林さんはそこを素直に受け入れて
向上するので、その姿勢は凄いと思います。

 

ちなみに、私が勉強しているNext Dimensionでも、
『進化レベル』という概念が紹介されます。

その人の精神や感情のレベルが数値で表され、
それが1.0を超えると過去に囚われなくなる、
という話があるのです。

そして、提供する商品やサービスも、
「こんなの今までに無かった!」という、
過去と全く違うものになります。

 

短眠でも、この進化レベルは大切です。

進化レベルが低く、過去に囚われると、

毎日7時間は寝るべきなのでは?

この前、3時間睡眠にしたら
かなり眠くなっちゃったんだよな…

これまでずっと6時間睡眠だったしな…

など、“今まで“に引きずられてしまうのです。

しかし、過去に囚われなくなると、
今まで学校や社会で頭に入れてきた
睡眠の知識を全て白紙に戻したり、

今まで取ってきた7時間睡眠と、
今日から取る3時間睡眠は全く別のものだ

という風に切り離せます。

それが、デルタ睡眠習得において重要なのです。

そこをきっちり分離出来たのが、
小林さん成功の理由だと思います。

 

ネットビジネスでも、
「過去に囚われず、今と未来を見る」
は大切なマインドセットなので、
ぜひ意識してみて下さい!

そんなデルタ睡眠レクチャーですが、
今も募集は行っています。

ただし、一度に参加出来る人数には
制限を設けており、今は2人だけ
枠が空いている状態です。

ここが埋まったら、余裕が出てくるまで
募集は停止します。

また、次に募集再開した時には、
参加費を20万円(税込)以上に
値上げする予定です。

“以上“なので、もう少し高くなるかも知れません。

何だか希少性で煽っているようで申し訳ないのですが、
事実として募集停止+値上げはする予定なので、
参加希望の際はお早めにどうぞ!

デルタ睡眠レクチャー

 

次回は私のもう1つの企画、
『発達心理学セミナー』に参加された
方々のご感想をご紹介します。

いろいろと面白い声が集まっているので、
楽しみにして下さい。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス