Next Dimension Infinity 伝授セミナー白金編のレポート!

Next Dimension Infinity

小坂井です。

7月12日(日)、Next Dimension Infinityの
伝授セミナー白金会が開催されました!

場所は白金ヴィレッジにあるコワーキングスペース。

白金高輪駅から徒歩5分の距離にある、
立地の良いビルです。

そこの小さな入り口を通り、階段を下っていくと、
地下1階に学校の教室より少し広いくらいの
会場があります。

そこへ25人ほどの伝授メンバーが集まり、
円卓の形になって席につきました。

奥の席には新田さんと小田さんが並び、
飛び飛びで海沼さん、西野さん、大久保さん、
石井さんなどサポーターの方々が座られます。

いよいよ、伝授セミナー白金会の始まりです。

まず、2時間ほど掛けて、メンバーそれぞれが
前日行われた実践セミナーの感想や、
近況報告をシェアしていきます。

(NDは実践セミナー翌日に、伝授セミナーが開かれます)

そして今回は、特に大きな変化があった人や、
人生の大きな転機(流れ)が来ている人の
コンサルティングを、小田さんと新田さんが
やっていく、という流れになりました。

今回、主にスポットライトが当たったのは
2人のメンバーです。

ここの流れが、本当に凄かったです。

まず、ある男性は、その場で
他メンバーとのコラボが決まりました。

その方は、今までビジネスを手広くやり過ぎて、
体に負担を掛けてしまったり、やりたくない仕事を
増やしてしまったそうです。

おかげで、伝授セミナーが開催される数日前に、
文字通り血を吐くほどの体調不良に陥りました。

(あまりに酷すぎて救急車で運ばれたようです…)

それを小田さんは、

今までやってきた事を整理しなさい
という神様のメッセージだ

と分析されました。

そして、その方の持っているビジネスやスキルを
事細かく聞いていったのですが..

途中で、彼の持つ“ある“能力が、
物販ビジネスにおいて非常に役立つ
という事実が判明したのです。

そこで、

じゃあ、Oさんと組んだら
面白くなるんじゃないですか!?

と小田さんから提案があり、
その場でコラボが決定しました。

その過程が凄くて、コラボの話が進むごとに、
その方の顔色やまとっている雰囲気(オーラ)が
どんどん明るくなっていくのが分かったのです。

正直、最初は男性の顔色がかなり暗く、
セミナー中に再度倒れて救急車で運ばれても
おかしくないレベルでした…

しかし、コラボの話がまとまる頃には、
肌艶が良くなっていたのです(笑)

こんな短時間で人って変わるものなんだと、
目の当たりにして不思議な感覚でした。

そして、もう1人の方は女性なのですが、
新田さんとの質疑応答が開かれました。

彼女はすでにビジネスで相当稼いでおり、
一般的には十分「成功者」と呼ばれます。

が、新田さんと質疑応答していく中で、
単なる収入面での成功だけではなく、
彼女自身の『お役目(使命)』というところに
話が発展していったのです。

彼女は私と似ていて、心の平和や平穏を
大切にするという価値観を持っていました。

しかし、平和や平穏と言っても、
人それぞれ定義は異なります。

そこで、

どういう状態が彼女にとっての平和なのか?
どうすれば平和を体現出来るのか?

などを新田さんが掘り下げて行きました。

そして、ものの1時間ほどで、
今後彼女のやるべきビジネスが
明確になったのです。

そして、5時間ものセミナーが、
一瞬で終わってしまいました。

来週は早くも第3回目の伝授セミナーです。

次回も、また人生が変わる人が出てくると思います。

もしかしたら、今度は私がその番かも知れません。

伝授コースの売りは、こうした『一体感』です。

普通のビジネスセミナーなら、
「他人のコンサルなんか見たところで、
自分の役に立たない」
と思ってしまいます。

今回のようなセミナーを一般向けに開いても、

時間を無駄にした
俺のコンサルもやってくれよ

と思われてしまうでしょう。

が、伝授はそうではありません。

同じメンバーの問題解決を通し、
自分の中に深い気付きが生まれるのです。

と言うより、そうなるように
小田さんと新田さんが上手に話すのです。

一見、2人のコンサルという
個別具体的な話をしているようで、
全員にとって学びがあるように、
話が進んでいきます。

お二人とも、そのコンサルティング力が
ずば抜けて高いのです。

私も、全く業種が違う人の話を聴きながら、
頭をガツンとハンマーで殴られるような
一言を聞いたりします。

それで、すでにビジネスへの取り組み方が
大きく変わった面もあるのです。

小田さんはこういった現象を、
「伝授コースの醍醐味」
と仰っていました。

誰かの悩みを、皆で解決する。

そして、自分の人生やビジネスのヒントを得る。

いわば、『チーム制』なのです。

他人のコンサルなんて聞いてどうするんだ

と言うのは、自分と他のメンバーが
分離されている発想です。

コンサルティングを受けている人は、
自分とは無関係な赤の他人という前提があります。

しかし、そこをあえて、
「同じチームメンバーのエピソード」
として聞くと、深い学びを得られるのです。

そのように自分事に置き換えると、
他の人のストーリーやエピソードからでも、
様々な学びを得られます。

少し現実的な話をすると、ブログやメルマガの
ネタがザクザク見つかったりするのです。

Next Dimension Infinityにも、
TEAM∞というFacebookグループがあります。

そこに、メンバーが日々報告を書き込んでいます。

それらも、普通は
「他人の報告なんて見ても意味が無い」
と無視してしまいます。

が、1人1人の報告を細かく見ていくと、
どんどん学びを得られるのです。

例えば、前回のメルマガに書いた、
「多くの人が感情の問題で悩んでいる」
と言うのも、私が他メンバーの報告を
見ていて気付いた事なのです。

つまり、周りの人の日報やエピソードを、
自分事として見てみる事で、今までとは
違った発見を得られます。

今後のネットビジネスでは、
このような団結力が求められます。

昔のネットビジネスは『先生と生徒』
という立ち位置が主流でした。

例えば、小坂井という先生が、
あなたという生徒を指導する
というイメージでした。

俺が教えてやる

という上下関係があったのです。

が、2012年ごろから、ネットビジネスに
コミュニティという概念が登場しました。

当時は、
「俺がみんなを引っ張ってやる」
という感じで、上下関係はあったものの、
団体戦という概念が出てきたのです。

しかし、今はさらに時代が変化し、
「みんなで一緒に進んでいこう」
というスタイルが主流になっています。

今までと比べて、リーダーとメンバーの
立ち位置が近くなったのです。

リーダーは皆を引っ張る「凄い人」というより、
旅行の計画を立てる「立案者」くらいの存在です。

皆のまとめ役をやってくれる人

くらいの距離感が、世間一般にウケます。

そして、リーダーとメンバーが近い距離感で
進んでいくのが、令和の時代なのです。

ちなみに、小田さんの見立てでは、
2020年以降は上下関係と平等の
ハイブリッドが来るそうです。

つまり、メンバー同士が近い距離でありつつ、
強烈なリーダーシップも求められます。

確かに、コロナショックで世界全体が不安定な中、
「こっちに行こう!」とリーダーシップを
取ってくれる人は必要とされるでしょう。

そこで、私の媒体でも、
今後はもっと日々の活動報告や、
いわゆる「お客様の声」を積極的に
あなたへシェアしようと思います。

今までは、

デルタ睡眠レクチャーの参加者さんが
今こんな事をやっています!

みたいな記事は書いてきませんでした。

しかし、今後はそんな報告も増やすつもりです。

その際、あなたには
「他人のエピソード」ではなく、
仲間(友達)の日記だと思って読んで欲しいのです。

そこから、生き方やビジネスの
新しいヒントを得られると思います。

もちろん、このブログに来たご感想やご質問も
どんどんシェアしていきたいです。

なので、記事を読んで何か1つでも
学びがあったら、ぜひメールを下さい!

結構な数が来る日もあるので、
全ては取り上げられないかも知れませんが、
出来るだけ多くのメールをシェアしたいと思います。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス