カルト宗教の教祖様が悪用した洗脳ライティングの秘密

コピーライティング

小坂井です。

今まで何度もお伝えしてきましたが、
私は元カルト宗教信者です。

教祖様の洗脳を受け、740万円以上ある
貯金を全て失ったり、犯罪に手を染めたり、
かなりヤバい活動を日々行っていました。

私はまさに、その洗脳を受けた当事者です。

そこで今日から、教祖様が
信者を洗脳するために悪用していた、
心理誘導テクニックの数々を暴露していきます。

かつ、それをあなたのネットビジネスへ
応用する方法をお伝えします。

カルト宗教信者を何百人も
生み出してしまうほどの人心掌握術です。

その効果は、私が身を以て保証します(笑)

当然ですが、それらのメソッドを
同じように悪用して欲しいとか、
人を洗脳して金を巻き上げて欲しいとか、
そういう意図でシェアするわけではありません。

あくまで、

非常に強力なパワーを持ったスキルを、
世のため人のために使っていこう

というスタンスで暴露していきます。

さて、

教祖様は表向きに、ネットでの稼ぎ方を教える
ネットビジネススクールを運営していました。

そこで集客し、見込みある人を
どんどん深みへハマらせていく、
という手法を採っていたのです。

(今はもう、サイトは全部
無くなったのでご安心下さい笑)

その時、教祖様がどうやって信者を
ドツボに嵌めていったのかと言うと、

この教えを信じないと、
あなたは最悪な目に遭うよ

という恐怖を与えていたのです。

基本的にカルト宗教と言うのは、

この宗教を信じないと地獄に落ちるよ
あなたの両親も不幸な目に遭うよ
世の中は全員あなたの敵だよ

のように、人を恐怖に陥れます。

その後、

でも、この教えを信じれば救われる

と誘導していくのです。

しかし、そのやり口も
あからさま過ぎると通用しません。

「あなたは地獄に落ちるよ」

と言っても、

「あ、こいつ俺を煽りに来てるな」

とバレてしまいます。

(オウム真理教の麻原彰晃はそうやって信者を
洗脳しましたが、アレはLSDなどの薬物で
相手の思考力を奪っていたから出来たのです)

では、代わりに教祖様が何をやったのかと言うと、
過去に抜けたメンバーの悪口を、
何度も信者に聞かせていました。

しかも、愚痴にならないよう絶妙なラインを
踏まえながら言っていたのです。

例えば、あるコピーライターが教団を
抜けた時は、以下のようにDisっていました。

彼の実力だと、これから何も出来ないよ

2年くらいは何とかなるだろうけど、
少しずつ飽きられて、人が離れていくと思う

またこの教団に戻りたいと思い始めても、
恥があるから戻れないと思う

このように言われると、
「じゃあ俺も教団抜けたら人生終わっちゃうのかな..」
と、最悪な未来を連想してしまうのです。

一見、恐怖を煽ってはいないのだけど、
聞き手はかなり煽られる。

つまり、『見えない煽り』を
教祖様は使いこなしていました。

ドラゴンボールの最新シリーズで、
『ドラゴンボール超』という漫画が
今、連載されています。

そこでは、スーパーサイヤ人ゴッドという、
神の領域にまで踏み込んだ変身形態が出てきます。

(案の定、あっという間にかませになりましたが笑)

ゴッドは、常人では感知すら出来ない
気の性質を持っています。

つまり、他のスーパーサイヤ人3とかより
遥かに強いのですが、並の人間ではその気を
感じられないので、強い事すら分かりません。

いわば、『透明な強さ』なのです。

教祖様の洗脳術もそうで、一見すると
ただ陰口を言っているだけのように見せかけて、
少しずつ信者を洗脳していっていました。

だから、表面的には教祖様が
洗脳のプロであるとは分からないのですが、
実際にはかなり実力が高いのです。

私はこの手法を
スーパーサイヤ人ゴッドになぞらえて、

神の記述

と呼んでいます。

この考え方は、ネットビジネスにおける
コピーライティングでも非常に大切です。

例えば10年くらい前だったら、
直接的にガリガリとベネフィット(メリット)を
ゴリ押しするセールスレターが超売れました。

これで月収1000万円稼げます!

ファーストクラスで世界一周出来ます!

東南アジアで美女に囲まれ王様気分を味わえます!

こんな表現が流行ったのです。

しかし、令和の今、こんなレターを書いても
嫌悪感を抱かれます。

それに、
「本当かよ?」
「またこのパターンか」
と疑われます。

が、本当にその結果を得られるなら、
伝えなければいけません。

そこで、直接「あなたはこうなります」と
言うのではなく、教祖様のように、
『成功を連想させる』のです。

例えば、以下のように書きます。

プラチナカードを発行しました
「港区の3LDKに引越しました」
初めて新車を買ってみました

こういう書き方だと、
露骨に「私は稼いでいます」とは言っていませんが、
「ああ、この人稼いでいるんだろうな」
と読者は勝手にイメージするのです。

すると、嫌悪感や不快感を抱かれません。

そして、もう1つ大切なポイントは、

読者が勝手に想像した事は疑われない

という事です。

「私は稼いでいます!」と言うと、
「どうせ嘘なんじゃない?」と反応されやすいです。

が、「ああ、この人は稼いでいるんだろうな」と
読者が自ら想像した場合は、嘘だと思われません。

つまり、信憑性も宿るのです。

なので、コピーライティングでは、
直接表現ではなくイメージさせる必要があります。

「ウエスト-18cm!」

「今年の夏はお洒落な水着を買いました」

「ネイティブのように英語ペラペラ!」

「現地の友達とオンライン飲み会をやっています」

「視力が1.5に回復!」

「メガネを捨てました」

のように、想像させるのです。

正直、これはステップ・バイ・ステップ化が難しく、
感覚やセンスでやらないといけません。

が、「センスでやってね!」と言っても難しいので、
何とか誰にでも再現出来るように、
ノウハウ化を検討中です。

「これだ!」と思うやり方を見つけられたら、
また公表します。

とりあえずここで重要なポイントは、
ベネフィットを直接ゴリ押しするような
コピーライティングは、今の時代
「下品」と思われやすいという事です。

しかも、反応率や売上が出づらくなっています。

が、 『神の記述』 を使えば、
書き方が控えめで、丸くて、上品なのに、
なぜか売れるという謎の現象が起こります。

このテクニックはカルト宗教の
教祖様が常用していたので、
「それをお客様に使うなんて..」と、
抵抗感があるかも知れません。

が、私はどんなテクニックだろうと、
「良い事に使いさえすれば良い」
と考えています。

車は人を殺す凶器にもなります。

が、便利な移動手段にもなります。

物流の要にもなります。

同じく、洗脳テクニックも、
極悪な使い方をすれば人を死に導けます。

が、本当に生徒さんの人生を救う
威力だって持っているのです。

そして、教祖様の洗脳技術は超一流でした。

なので、積極的に、世のため人のために
使ってもらったら良いと思います。
(私もどんどん使います)

結局、どんなに善の気持ちがあっても、
能力が無ければ何も出来ません。

なので私からは、カルト教団で悪用されていた、
最も効果の高い技術を暴露していきます。

「元カルト信者です」なんていう
ネット起業家は滅多にいないからこそ、
私からしかお伝え出来ない情報があると
確信しています。

まずは今回の『神の記述』、早速試してみて下さい。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス