アフターコロナを生き抜く愛のコミュニティ

Next Dimension Infinity

小坂井です。

ついに緊急事態宣言が発令しました。

首都圏で営業自粛が相次いでいます。

また、コロナウイルスで自宅勤務になった
会社員の方も多く、私の知り合いも、
3〜4割の人はリモートワーク化しています。

その影響で、オンライン通話アプリである
Zoomのダウンロード数が、今週だけで
20万件も増えたようです。

類似アプリのチャットワーク、Slack、
Skypeなども需要が増加しています。

ちょうどこのブログ記事を書いている今現在、
チャットワークに負荷が掛かり過ぎて、
サーバがダウンするという事態も発生しています。

わずか3ヶ月で、日本の情勢は激変しました。

私の家の近所でも、緊急事態宣言を受け、
1ヶ月間の営業自粛を打ち出す飲食店や
カフェなどが出てきています。

伊勢丹も、今月はもう営業しないようです。

正直ここまでの規模になると、

このまま平和な日常が戻らないのでは…

という不安が頭をよぎります。

流石にコロナウイルスで人類が絶滅するとか、
ソマリアやシリアのような惨状になるとか、
そこまでの事態にはなりません。

が、相当多くの失業者と自殺者が出る事は
間違いないように思います。

そもそも、緊急事態宣言を受けての
営業自粛を1ヶ月もやったら、
中小企業はひとたまりもありません。

休業したまま廃業になる可能性は非常に高いです。

近所の飲食店やカフェも、
5月上旬まで営業自粛と謳っていますが、
果たして本当に営業再開出来るのか分かりません。

仮に出来ても、この自粛ムードでは客足が減り、
売上も激減してしまいます。

となると、ほとんどの企業は生き残れないでしょう。

しかし、これはプラスに考えれば、

ネットビジネスを始める機会(チャンス)

とも言えます。

起業家も会社員も、今まで通りの働き方では、
コロナショックで職を失うかも知れない。

なので、今のうちにネットビジネスをスタートさせ、
収入を得ておくのは良い選択肢だと思います。

それが本業でも副業でも問題ありません。

副収入として月収20〜30万円を目指しても
良いでしょうし、「あわよくば独立」と考え、
年収1000万円を目指しても良いと思います。

そこは、あなた好みの方を選んで欲しいのですが、
いずれにせよ、ネットビジネスを始める
良い機会だと思うのです。

特に、あなたが自宅勤務になっているなら、
家でパソコンを使い仕事をしていると思います。

なので、同じく家でパソコンから稼ぐ
ネットビジネスもスムーズに始められるはずです。

しかも、今後は私たちと同じく、
「ネットビジネスで稼げないかな?」
と考える人が増えると予想されます。

恐らく、過去最多と言って良いほどの人たちが、
6ヶ月以内にネットビジネス業界へ
参入してくるはずです。

これは非常に大きなチャンスです。

その時、あなたも小坂井と同じく、
「ネットビジネスで稼ぎましょう」
という情報を発信していれば、あなたの下には
大量の新規参入者が押し寄せるでしょう。

一気に収入を得られるチャンスになります。

(陳腐な言葉なので言いたくありませんが、
文字通り“一攫千金“です)

ただし、

そこで注意点があります。

これはネットビジネス以外の
どんな業界にも共通する事ですが、

市場は成熟する

という法則があるのです。

私は11年前の2009年からネットビジネス業界を
追ってきたので分かりますが、この期間で
「ネットで稼ぐ系」のノウハウはレベルが
格段に上がりました。

アフィリエイト、コピーライター、せどりなど、
どんな儲け方でもそうです。

昔は安直に、

300文字程度しか情報量が無い
薄いサイト(ペラサイト)を何百も
量産すれば、収入が発生する

といったノウハウが通用していました。

(小坂井が初めてネットビジネスで稼いだのも
ペラサイト量産です)

が、今はもう通用しません。

代わりに、ブログ、メルマガ、Twitter、
YouTubeなどの媒体をしっかりと育て上げ、
かつ自分オリジナルの情報を発信し、
ファンを作るノウハウが主流になっています。

11年間で、ノウハウが大幅に進化したのです。

今は、FXもその傾向にあります。

昔は為替投資で一攫千金しましょう、
レバレッジをかけて月収1000万円、
といったセールスレターばかりでした。

が、最近は

「一攫千金は難しいので、
堅実に時間を掛けて稼ぎましょう」

という現実的なノウハウの方が売れています。

どんな市場も、始まったばかりの頃は
簡単、お手軽、コピペで稼ぐ、1週間で結果が出る、
1日30分でOK、中学生でも出来る、成功確実、
返金保証といった甘い言葉がウケるのです。

一方、「ちゃんと努力しましょう」という
セールスレターでは、ほとんど売れません。

しかし、そんな市場も5年くらい経つと、
だんだん実践者が気付いてくるのです。

やっぱ、そんな簡単に稼げないよな

と。

そこで販売者が、こう主張します。

もう少し現実的に行きませんか?

そして、 だんだん本気、真剣、努力、鍛錬、
長期的に考える、返金保証無し、自己責任、
といったセールスレターの方が、
売れるようになってくるのです。

よくコピーライティングの本や教材では、

楽・簡単を打ち出すと売れますよ

と言われます。

が、あれは市場が未熟な数年間だけの話です。

ある程度成熟してきた市場で楽・簡単を言い過ぎると、
「またこのパターンか」と思われ、
逆効果になる事が多いです。

このネットビジネス業界も、
「ちゃんと時間を掛け、努力して稼ぎましょう」
という触れ込みの方が売れるようになっています。

これは言い換えれば、

顧客は精神性が高くなる

とも言えます。

つまり、市場が誕生したばかりの頃は、

「楽して稼ぎたい」
「ワンクリックで100万円稼ぎたい」
「自動で儲けるツールを教えてくれ」

といった顧客が多いのです。

従って、彼らに甘い言葉を投げ掛ける
セールスレターの方が売れます。

が、時間を掛けて成熟した市場には、

「苦労しても良いから稼ぎたい」
「簡単に稼げないのは分かっている」
「1年くらいどっしり構えてやっていきたい」

といった顧客が増えてくるのです。

彼らは当然、根性があり、精神(メンタル)が強く、
行動力や継続力の高い人たちが揃っています。

今もネットビジネスにも、間違い無く
マインドの高い人たちが増えています。

つまりこの令和時代、
メンタルが弱い人や根性無しの人では、
ネットビジネスすら出来なくなっているのです。

最近、このブログでは繰り返し、

実力主義

という言葉を謳ってきました。

ネットビジネスにも、この波は確実に来ています。

実力ある人間だけが安定収入を得続け、
そうでない人間は消えていく。

厳しい戦争の時代に突入しているのです。

正直、私も今後のネットビジネスでは、
容易に生き残れません。

だからこそ、私のコンセプトである
『職人』という言葉の通り、
知識と技術を日々高めています。

健康的な体づくりを意識していますし、
パソコン、iPhone、オフィスチェアなど、
環境にも投資しています。

さらにもう1つ、今後の時代を生き抜く上で
欠かせない資産があります。

人脈(人間関係)です。

これからの厳しい時代、自分1人で
稼ぎ続けるには限界があります。

必ず、周囲の人たちから知識や技術を
教わったり、アドバイス(フィードバック)を
貰う必要が出てくるのです。

励まし合える仲間
頼れる師匠
支持してくれる生徒

といった存在が大事になります。

つまり、何かしらのコミュニティに所属し、
ご縁を作っておく必要があるのです。

質の高い人間関係は、日々のモチベーションや
テンション、情動面でも良い効果があります。

今はもう、何が起こるか分からない時代です。

2020年1月1日時点では、
コロナウイルスでここまで世の中が暗くなるなど、
ほとんど誰も予想出来なかったでしょう。

同じく、2021年や2022年も、
今の私たちには全く予想出来ない
事態になっているはずです。

そんな世界で生き残るには、
単独行動(ソロプレイ)では限界があるのです。

人間、1人1人才能が違います。

死ぬ気で努力しても出来ない事があります。

例えば小坂井は、周りの人への気配りや気遣いが
致命的に下手という特徴があります。

また、
「ネットビジネスは5年後こうなっているだろう」
といった未来予測の能力も極端に低いのです。

(ユングが発案した分析心理学を使って
私の才能・適性を検査したので、
かなり信憑性の高いデータです)

では、一体どうすれば良いのか?

一番の解決策は、出来る人の力を借りる事です。

未来を読む能力が低いなら、
それが出来る人の意見を聞いて、
参考にしていったら良いのです。

逆に、私には私の得意分野があります。

例えば、地に足のついた生活をし、
職人のように1つの道を極める才能が
私にはあります。

その能力を活かし、こちらから周りの人へ
提供出来る事もあるでしょう。

つまり、助け合いが大事です。

私も、2015年ごろまでは自立心が強く、
何でも自力で解決しようとしていました。

なので、人間関係を積極的に持とうとせず、
せいぜいメンター1〜2人と弟子数人しか、
近しい人は作りませんでした。

が、令和はそれでは足りないのです。

いわば、

団体戦

の時代になっています。

小学生の頃、地元に不審者が出ると、
「今日は集団下校しましょうね」などと
先生に言われませんでしたか?

非力な子供たちでも集団行動をすれば、
変質者から身を守れるのです。

同じく、今後はコロナウイルス、震災、
大企業の経営破綻などを始めとし、
予想出来ない脅威が次々とやってきます。

そんな時代を生き抜くには、
『集団行動』する必要があるのです。

自立・独立するのではなく、
ネット起業家同士で群れて、
厳しい時代に立ち向かっていくのです。

私はそのために、
Next Dimension Infinity
というコミュニティに所属しています。

これはネットビジネスを志す人が集まる、
恐らく業界最高峰のグループです。

単純に「ビジネスで金儲けをしましょう」と言うだけの
拝金主義コミュニティではありません。

日々のエネルギーの高め方、ネガティブな情動を
浄化する方法、健康的な身体づくり、メンバー同士の
コミュニケーションなど、様々なテーマに
焦点を当てた講座が展開されています。

特に今はスタートしたばかりなので、
毎日のようにZoomやFacebookで
セミナーが行われています。

まさに情報のシャワーを浴びている状態です。

そうして、様々な先人たちが培ったノウハウを
脳内に蓄積しているのです。

そんなNext Dimension Infinityのリーダーが、

新田 祐士さん
小田 真嘉さん

のお二方です。

新田祐士さんは京大を中退してからネットビジネスへ参入、
初年度で約2億円を売り上げ、アフィリエイト業界全体に
撃針を与えた人物です。

(私も当時リアルタイムでその様子を見ていましたが、
新田さんの影響力は凄まじいものがありました)

以来、10年近く業界トップを走り続けています。

小田 真嘉さんは、私も最近知り合ったのですが、
古神道をベースにした経営コンサルタントです。

仲間が集まるコミュニティ作りを得意としており、
単に「お金を稼ぎましょう!」というギラギラした
人たちとは一線を画す講座を展開されています。

他にも、過去にNext Dimensionを受講され、
大きな結果を出されたNDサポーターの方々も、
定期的にZoomセミナーをして下さっています。

また、参加者さんにもビジネス経験者が多く、
“億越え“をすでに達成されている方もいます。

メンバーは全国で3000人を超えており、
業界トップクラスの規模と言えます。

また、Next Dimensionメンバーは
大阪府枚方市の楠葉(くずは)に集まっており、
合計100人以上が日本全国から
引っ越してきているようです。

小坂井も、今は埼玉県に住んでいますが、
早ければ今年中にも楠葉に引っ越すつもりです。

そうして成功者たちのポジティブな影響を受けつつ、
ご縁(人脈)を着実に固めています。

これが、アフターコロナの世界を生き抜く、
強力な武器であり、保険にもなるでしょう。

あなたにも、今のうちに良い人間関係を
積極的に築く事を強くお薦めします。

残念ながら、Next Dimension Infinityは、
すでに募集終了しました。

途中参加は不可能です。

しかし、Next Dimensionシリーズは
今回ですでに8期を迎えています。

次回の募集も、いずれ行われるでしょう。

また、Next Dimension Infinity参加者さんが、
今後独自のコミュニティを開催する時も来るはずです。

小坂井も今年中にきっと作るでしょう。

もし、それらが立ち上がった際には、
またブログやメルマガで告知します。

そこで、私とあなたはもちろんの事、
他のネット起業家の方々とも人脈を作り、
強固な人間関係を構築していきましょう。

そして、集団行動でアフターコロナを生き抜くのです。

それが、今から出来る最も賢い準備だと思います。

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス