アフターコロナを生き抜くショートスリーパーへの道

ショートスリーパー

小坂井です。

昨日公開した眠気対策レポートに、
いくつもご感想を頂きました。

■睡魔対策レポート

デルタ睡眠レポートと組み合わせれば、
3時間睡眠をキープしつつも、眠気に
悩まされない生活が可能です。

ぜひ、役立てて下さい。

私は28歳まで7〜8時間睡眠の
ミドルスリーパーでした。

が、29歳の時、3時間睡眠になりました。

そして、当面の活動としては、
今後同じショートスリーパーの方を
日本中に増やしたいと考えています。

と言うのも、今はコロナウイルスで
世の中が大変な状況になっています。

会社で働く従業員(サラリーマン)も、
日々不安に苛まれているはずです。

コロナショックの影響で、
多くの企業が大ダメージを受け、
大企業でさえもいつ倒産するか
分かりません。

そのため、そこで働く従業員も、
自身の生活が全く保証されていないのです。

自分はいつクビになってもおかしくない。

そんな不安の中で労働をしています。

しかも、今後は失業者がもっと多く
出てくるはずなので、クビになれば
再就職の望みも薄いでしょう。

私の近所にあるハローワークも、
数ヶ月前と比べてかなり混雑しています。

また、緊急事態宣言は5月25日に解除される、
というニュースが流れていますが、
それでコロナショックが完全に
収束するとは限りません。

第3波が夏ごろに来るとも言われており、
また感染が拡大し、緊急事態宣言が
再発令される可能性も高いのです。

仮にコロナウイルスが上手く収束しても、
新種ウイルスは毎年出てきます。

コロナウイルスより、さらに凶悪なウイルスが
今年また出てくる事も考えられるのです。

となると、会社に勤めているから安心、
大企業だから安心、うちの会社は業績が
良いから安心、とは言っていられません。

万が一にも会社が倒産したり、
リストラに遭っても大丈夫なように、
今から備えておく必要があります。

そのためには、会社に頼らず
自力で稼ぐのが最も確実なのです。

かと言って、今から飲食店を経営したり、
美容院を開いても、まず上手くいきません。

(飲食店などは、今後真っ先に潰れるでしょうし…)

となると、一番流行る可能性が高いのは、
ネットビジネスです。

小坂井もネットビジネスで
会社に頼らない稼ぎ方をしています。

一般的には、ネットで稼ぐと言ってもまだまだ、

本当に稼げるの?
上手くいくならみんなやってるでしょ
今さら始めても稼げない

と思われています。

だからこそ、ネットで稼ぐ事は可能なんだと、
私から多くの人に伝えていきたいのです。

その一環として、ネットビジネスをゼロから
始めるための講座も、今作っています。

しかし、

そこで多くの方が行き詰まるのは、時間です。

新しいビジネスを軌道に乗せるには、
ある程度の時間が必要です。

しかし、ブラック企業に勤めながらでは、
絶対的な時間が足りません。

結果、多くの人は、

いつまでも作業が進まない..
買った教材も全然聞けてない..
最近モチベーションが下がってきている..

となり、挫折してしまうのです。

会社を急に辞めて、ネットビジネス1本に絞れば
時間は大量に確保出来ますが、個人的には
あまりお薦めしません。

正直、そこまで追い詰められた方が
真剣に取り組めるので、ビジネスの
成功率は上がると考えています。

(私も、いきなり専業で始めたクチです)

しかし、当然100%成功が
保証されるわけではありません。

なので、流石にリスクが大きいのです。

それよりは、今の会社の給料と同じくらいの
金額を稼げるようになってから、
辞めた方が良いと思います。

しかし、先ほど言ったように、
会社で働きながらだと作業時間が足りません。

そこでショートスリーパーが必要になるのです。

人間の睡眠時間は、後天的に減らせます。

一般的には、

1日に必要な睡眠時間は遺伝で決まっている

と言われていますが、実はそれは
実証された事実ではありません。

遺伝で決まっているという可能性を示唆した
実験結果はありますが、詳しく見ていくと、
かなりツッコミどころが多かったりします。

(人間と遺伝子がかけ離れた昆虫での実験だったり)

むしろ、デルタ睡眠レポートに書いたように、
睡眠時間が固定された生物は、“現代人“しかいません。

野生の動物は当たり前のように
日々の睡眠時間が上下しますし、
太陽と共に生活する民族などは、
季節ごとに何時間も睡眠時間が変わります。

後から睡眠時間が変化するという事例は、
山のようにあるのです。

事実、私も29歳の時に毎日の睡眠を
4〜5時間も圧縮しました。

その秘訣を、レポートにまとめました。

デルタ睡眠と睡魔キラーを組み合わせれば、
後天的なショートスリーパーになれる
可能性が高いです。

そして3時間睡眠になれば、
毎日の余暇が4〜5時間は増えます。

ネットビジネスを十分、軌道に乗せていけます。

加えて、自由な時間が大量にあれば、
毎日の充実度が格段に上がるのです。

1日にたくさんの事が起こるので、
朝の出来事も昨日のように感じられます。

私も、夜寝る前に1日の振り返りをするのですが、

あれ、あのお店に行ったのって
今日の朝だったか

と感じる事が多いのです。

あんな事もあった、こんな事もあった、
といろんな出来事を思い出せるので、
1日がかなり長く感じられます。

そして、今まで時間が無くて出来なかった事も、
どんどん出来てくるのです。

ぜひ、その世界を体感して下さい。

ちなみに、

私が3時間睡眠をマスターした時、最初は
「ああ、もっと早くこの方法に出会っていれば..」
「学生時代にこの方法を知っておきたかったなぁ」
と後悔しました。

しかし、今では28歳まで7〜8時間睡眠で
良かったと思っています。

元々の睡眠時間が長かったからこそ、
短眠でどれだけ人生が変わるか、
強く実感出来たのです。

これはお金でも同じです。

私は元ホームレスです。

数年前はマクドナルドの残飯を漁ったり、
スターバックスの蜂蜜とシュガーシロップで
カロリーを摂取したりして、
日々を生き延びてきました。

だから、今ではたった100円の
ありがたみを強く感じられます。

その100円が、
それで買える1個のおにぎりが、
どれだけ大切か分かるのです。

もし私が、生まれつき大富豪の息子で
何億円もお小遣いがあったら、お金の
ありがたみは一生分からなかったと思います。

同じく、生まれつきのショートスリーパーだったら、
時間の大切さも分からなかったはずです。

なので、毎日長時間寝ている人ほど、
大事なのはこれからです。

3時間睡眠がマスター出来た時、
時間の持つ可能性がどれほど無限大か、
心から実感出来ると思います。

だからこそ、私はショートスリーパーは
後天的になれるものなんだと、
多くの人に伝えていきたいのです。

そして、あなたとも一緒に、
短眠の世界を生きていきたいと思っています。

では、また新しいコンテンツを配布します。

すでに大事な情報は公開しましたが、
ご質問をいくつも頂いていますし、
「やってみたけど、ここが上手くいかない」
という部分も出てくると思います。

その辺り、今後フォローしていきます。

今はひとまず、デルタ睡眠レポートと
睡魔対策レポートをそれぞれ
読んでおいて下さい。

■デルタ睡眠レポート

■睡魔対策レポート

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス