最新の眠気対策レポートを公開

ショートスリーパー

小坂井です。

最新レポートをついに公開します。

■20種類の眠気を予防する方法

テーマは、

日中に一切の眠気を感じず生活する方法

です。

私は昔ブラック企業に勤めており、
とにかく仕事量が異常でした。

朝から晩までずっとパソコンに
張り付いても全然終わらないほど、
膨大なタスクを抱えていたのです。

そんな時、

もう睡眠時間を削るしか無いな

と思い、闇雲に4時間睡眠を始めました。

が、当然ながら日中は眠くて堪らず、
仕事中も首がカックンカックンとなり、
寝落ち寸前でした。

頭痛や腹痛、肌荒れも酷かったです。

そんな4時間睡眠は、忙しいから無理やり
やっている事で、これが定着するとは
到底思えませんでした。

しかし、後に睡眠を、

入眠
睡眠
起床
眠気

と4分割する考え方を知り、
1つ1つ対策を打っていきました。

そして、少しずつ短時間睡眠が
定着してきたのです。

入眠は、慣れると5〜10分で寝付けます。

睡眠は、たった3時間でも体が完全回復します。

起床は、午前5時に睡魔を引きずらず、
一発で快適に起きられます。

眠気は、日中の睡魔を感じなくなります。

特に、最後の『眠気』が大きな発見であり、
正しく対策を打つと、本当に眠気に
襲われなくなるのです。

今の私は完全に3時間睡眠が定着しましたが、
日中はあくび1つしていません。

眠くなってから後手で対策するのではなく、
「最初から眠気が発生しないように予防する」
という事が出来るようになったのです。

いわば、

睡魔コナーズ

を手に入れたような感覚でした。

虫コナーズのように、あなたに近付こうとする
眠気を水際で食い止めてくれるのです。

おかげで、眠くならず21時間ずっと
行動が出来るという事です。

生憎、正しい眠気対策の知識は、
一般にはほとんど知られていません。

多くの人は日中に眠くなると、
「夜の睡眠時間を伸ばす」
「睡眠の質を上げる」
という方向で考えます。

医者でさえも、患者にそうアドバイスします。

しかし現時点で、日中の眠気は
20種類も発見されているのです。

つまり、どんなに五つ星ホテル級の
高級ベッドを買って、夜に真っ暗な部屋で
9時間の睡眠を取っても、眠気の条件を
満たすと翌日は眠くなってしまいます。

が、それでも一般常識だと、
「じゃあもっと夜の睡眠を改善しないと」
と考えてしまいます。

いつまでも眠気を予防するという
発想に行き着かないのです。

そして、永遠に睡眠の悩みを抱え続けてしまいます。

しかし、睡魔に適切な対策を打てば、
3時間睡眠でも日中は眠くなりません。

あなたにもそうして、
眠くならない3時間睡眠を
達成して欲しいと考えています。

つまり、私の推奨するデルタ睡眠は、

努力や我慢が要らない短眠

です。

眠気と一生懸命戦ったり、
フラフラなところを我慢して
起き続ける事は非推奨です。

むしろ、眠気を我慢し続けると、今回の
レポートに書いた「習慣的な眠気」が
あらゆる状況で発生し、もっと睡魔が
辛くなってしまうのです。

そのため、日中は全く眠くならず、

「あれ?なんか3時間睡眠が出来たぞ」

という状態が理想です。

そのためには、レポートで解説した
眠気20種類を予防する必要があります。

20種類もあると、全て対策するのは
大変と感じるかも知れませんが、
実際にレポートを読んで頂ければ、
思ったより簡単だと分かるはずです。

私も、今はもう無意識に眠気を避けています。

スターバックスに入っても、電車に乗っても、

この席に座ったらこの睡魔が出る
ここでこれを食べたら、この睡魔が出る
そろそろ休憩しないと、この睡魔が出る

と分析してしまうのです。

そんな眠気の知識を、一通りまとめました。

今すぐ、一通り読んでおいて下さい。

■睡魔対策の秘策

Return from the labyrinth.

人生の迷宮から帰還し、本来の自分を取り戻す公式メルマガ
今だけ無料プレゼント配布中!
→今すぐアクセス